2008年07月13日

「紋黄蝶」2008 A/W

mina_catalog01.jpg

先日Webサイトで注文していた
ミナ・ペルホネンの2008A/W カタログ「紋黄蝶」↑が届きました。

右側が表紙、左側は裏表紙。
なんと、今季のカタログには生地の一部が縫いつけてあるんです!
私のはコレ↓

mina_catalog02.jpg

ミント色の「jungle relief」生地。

mina_catalog05.jpg

蝶やコウモリやサルやフクロウやハリネズミ(イノシシ?)や葉っぱや…
の刺繍で埋め尽くされていて
見た瞬間、一目で fall in love しちゃいました。

どうしてミナは毎シーズン、お伽噺のような
こんなにも夢のあるテキスタイルを発表できるんでしょうか。

2週間くらい前の朝日新聞の夕刊に
ミナに生地を提供している刺繍屋さん(丹沢地方)のことが載ってましたね。
デザイナーのスケッチを生かすために
針は何回くらい刺すか、糸調子はどうするのかと試行錯誤するのだそうです。

mina_catalog03.jpg

↑はそのテキスタイルを使った作品。(カワイイ!!)

mina_catalog04.jpg

こんなの↑もあります。
まだまだ、見てるだけで楽しくなる写真だらけですよ。

このカタログは東京、京都の直営店と 
最初に紹介したWebサイトでのみ購入できます。
税、送料込みで1200円。
どんな生地が縫い綴じられて送られてくるか、ワクワクですよ。



posted by み〜 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。