2011年04月17日

「なばなの里」のチューリップ(3)

・・・続きです。これで最後。

今頃ですが、チュリーップの系統について説明してあるので
良かったら Wikipediaの「チューリップ」をご覧ください。



tp1135.jpg
こちらは「八重咲き系」のミックス。
八重咲きは「アンジェリーケ」で人気が沸騰したんですよね。


tp1136.jpg
こちらも「八重咲き系」。
中にそうでない子もいるかも。


tp1137.jpg
こちらは「パーロット系」のミックス。
花弁がうねっていて、鳥(オウム)の羽のよう。
品種としては相当古くから(16世紀にも存在した?)あるようです。


tp1138.jpg
こちらの花弁のほうがウネがわかりやすいですね。


tp1139.jpg
こちらには黄色の「八重咲き系」が。
我が家でも咲いてる「ポンポネット」に似てます。


tp1140.jpg
こちらは「ユリ咲き系」のミックスが主ですね。
赤に黄色の縁取りは「アラジン」かな?


tp1143.jpg
こちらも「ユリ咲き系」と他のミックスですね。


tp1144.jpg
赤のチューリップに黄のビオラがチラっと。


tp1145.jpg
背丈の違いと色の深さの違いをうまく合わせてますね。


tp1146.jpg
こちらは「ヴィリディフローラ系」といって
花弁の真ん中にグリーンの筋があるのが特徴。


tp1147.jpg
こちらも「ヴィリディフローラ系」のミックス。
我が家も1種だけ「アーティスト」を植えてますがまだ咲いてません。


tp1148.jpg
ピンクはやっぱりカワイイ!
来年はチューリップが主でビオラが従の鉢を作ろうかな。


tp1149.jpg
これもキュートな色ですね。


tp1150.jpg
矮性のピンクとの組み合わせもナイス!


tp1151.jpg
ハイ、お約束(苦笑)の桜とチューリップです。
女性に人気で、この桜とチュリーップの前で記念写真を撮ってる人が多かったです。
連れ合いも若い女性に撮影を頼まれてました(苦笑)。


さて、最後は「なばなの里」の人気者?
(たぶんチューリップじゃないでしょうね。
   私はこういう趣向を好みませんが...www)


tp1152.jpg
キリンさんと


tp1153.jpg
パンダさんと


tp1154.jpg
ゾウさんです。


以上です。
夕方から雨が降るということで、午前中に撮影しました。
広い園内に色とりどり、種々のチューリップが沢山。
私の両親、ダンナの両親にも見せてあげたかったなあ。

それと、おそらく写真に写らないようにと背をかがめて
整備の人が雑草を抜いたりしてらしたのが印象的でした。
咲き終わった子達を抜いてトラックの荷台に積んでる作業者も。
トラックの荷台から落ちてた2本に立派な球根が・・・欲しかったなぁ。

それにしても、これだけの花を見事に咲かせるために、
どれだけ人手がかかっていることか。
ご苦労さま アンド ありがとう!!
私も来年はチューリップの魅力的な配色にチャレンジしよっと。




posted by み〜 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。