2006年08月17日

徒然に...

(その1)
いつも家の中のどこかにいて、つかず離れずのヤツ。
ヤツに朝早く起こされることがないと思うと正直ホッとするけど
やっぱり寂しいものです。
かちゃかちゃ音をさせてドアを開けようとしたり
ご飯くれ〜!ニャ〜! 
あのさぁ、いつになったらくれるの? ガブッ!
と生足を噛まれても、、、、ネ。


(その2)
「MIHO MUSEUM」で20日まで特別開催されている<和ガラスの心>展。
その中に昔、お経を巻いていた竹のスダレのようなものがあったのですが
その竹には雲母が挟んであり、
ロウソクの灯りで「かそけく煌めく」ようになっていたそうです。
<かそけく>・・・何十年ぶりかで聞いたこの言葉が
いたく私の心を揺さぶりました。
何百年という時の流れを一気に溯って
「かそけく煌めく」雲母を見た気がしたのです。

(その3)
名神高速・多賀のサービスエリアで・・・
駐車場の通路に長蛇の車の列が3本。
駐車場待ちではなく、ガソリンの給油待ちの車の列でした。
高速道路のガソリンスタンドは先月価格でガソリンを売ってるから?
1リットル約10円安いのかな?
60リットル入れたとして600円安い。
そのために数十分も並びますか?

(その4)
同じく多賀のサービスエリアで・・・
我が家の運転手さんが、ドリップ式コーヒーの自販機に並んでいると
前にいたイタリア人らしきオジサンが、抽出状況を逐一知らせる自販機に驚き
仲間を呼び集め、みんなで感嘆の声を上げていたとか。
確かに、海外にあんな自販機はありませんよね。
余計なお世話だい!式サービス満載の日本製品。
なんたってトップはトイレ。
勝手に蓋が開き暖かい便座とナニの音消し音、あるいは自動音楽付き。
次にくるのがナンデモ自販機じゃないでしょうか。
お湯まで入れられるカップラーメンの自販機もあるしねぇ。
ある種、ロボットのようなものだよね。
posted by み〜 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。