2012年05月28日

四十九日合同供養

kenta120519.jpg


1週間前の土曜日(19日)
4月に亡くなった子達の四十九日合同供養祭が霊園でありました。
こんな大事な日にお父さんは急な海外出張で出席できません。
お母さんはJR那加駅で電車を降り
片道35分の道のりをテクテク歩いて「瞑想の森」へ向かいました。

ケン太の日頃の行いが良かったのか、この日はお天気が良く、
気温も25℃くらいまで上がったと思います。
でもね、吹く風がとっても心地よかったし
途中からは長閑な田圃の中の一本道。
「瞑想の森」が広がる緑の山を目指し
日傘をさして、ひたすら北に向かって歩いたんだよ。
そのあたりの田圃はまだ苗代の準備もしてなくて
レンゲが沢山咲き、雲雀も鳴いていたんだ。

合同供養には20家族50人くらいが参列してたでしょうか
みなさん、亡き子が好きだった食べ物や花束をお供えしてます。
もちろん、お母さんも、みどり坂の花屋で花束を作ってもらいました。


kenta120519_hana.jpg


緑色のトルコ桔梗、ワインレッドのカラー、渋いオレンジ色のカーネーション、
それにピンクの混じったピンポンマム。
どうですか? 大きさはそれほどでもないけど
一番センスのいい花束だった(自画自賛)。ね、ね、ケン太。
ケン太らしいというかお母さんらしいチョイスでしょ?

供養は、まず外にある供養塔の前で全員焼香をし
中の祭壇の前ではお寺の住職さんによる
長く立派な読経があげられました。
亡くなった子たちの名前も読み上げられ
「〇〇 ケン太のために」
お母さんは用意されてた立派な卒塔婆を前に持ってきて焼香。
それだけでグスグスになってるのに
ちょうど焼香してるとき住職さんの口から
「転生」という言葉が聞こえてきて・・
「ケン太、早く転生しておいで」とさらにグスングスン。
お父さんも一緒に参列できたらよかったのにね。

ケン太の本当の四十九日は6月15日・・ですよね。
それまでは、まだケン太の愛用品はお部屋にそのまま。
トイレも水のみ用洗面器もいつものところに置いてあるよ。

先日、動物病院から入院してる時のケン太の写真が送られてきたの。
お母さんは、ひとりで封筒を開ける勇気がなくて、
海外出張から帰ってきたお父さんに開けてもらったんだ。
写真の中にいるケン太の目・・・やっぱりお家に帰りたかったんだね。
ごめんね、ごめんね、ケン太。

そういえば、お父さんはケン太が階段を上がってくる足音を聞いたんだって。
今度はお母さんのところにも来てね、ケン太。
これじゃあ、なんのために四十九日法要やったかわかんないネ。


posted by み〜 at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、み〜さん。
ご無沙汰しています。
暑い毎日ですが、お元気でしょうか…

ケン太くんの事、残念でしたね。
心からお悔やみ申し上げます。
実は数日前に訪れたのですが、その時は画面が霞んで見えなくなってしまったので、今日改めて書き込みをさせて頂いてます。

私も今や4匹の猫飼いの身。
み〜さんのお気持ち痛いほど分かります。

み〜さんがマンションの植え込みからケン太くんを助けて、そしてお母さんになってくれて、19年も育ててくれた事、そしていっぱい愛してくれた事、きっとケン太くんは感謝してるし幸せだったと思います。

でも、辛いですよね…
いっぱい泣いて、そして少しずつ元気になって下さい。

ずっ〜っと前にみ〜さんが携帯に送ってくれたケン太くんの画像、今も大事にとってあります。
み〜さんの肩越しにおすまし顔でいたケン太くん、とっても可愛かったです。
私の中のケン太くんは、その時のケン太くんのままです。
だから、あのままのケン太くんをずっと覚えておきますね。
Posted by トトロママ at 2012年07月25日 11:08
トトロママさん、お久しぶりです。
お元気ですかぁ?
私のほうは、暑い暑い岐阜で、
毎日通勤だけで溶けちゃいそうですが、何とか元気です。。
あっ、降圧剤と血液サラサラ薬は飲んでますが。

お返事が遅くなってすいません。
わざわざ、ケン太のために、ありがとうございました。
そうですか、4匹の猫ちゃんのお母さんとは。
大変だけど、カワイイでしょうねぇ。

トトロママさんに送ったケン太の画像ってどんなだったかなあ。
きっと若くてプクプクしてる時のかなぁ。

ケン太がいるのが当たり前の生活だったので
なかなか、この寂しさはこたえます。
まだ、彼が使っていたものをとってあるので
それらを見るにつけ、いろいろ思い出してしまいます。

今夜はお風呂場にシャンプーが置いてあって
最後にシャンプーしたときのことを思い出してました。
お正月にお留守番していた病院から帰ってきて
オシッコ臭かったので、寒いだろうけど、洗ってやりました。
すっかり乾くまでドライヤーをかけることはできないので
まだ少し、湿った状態で脱衣所から開放。
その後は、私の膝の上で丸くなったりしてましたが
夜、気付くと、寝ていた私の顔半分に彼のお尻が乗っていて・・・。
ガリガリになっていたので、寒かったのでしょうね。
可笑しいやら、可愛そうやら、、、
あのときの感触を思い出して、ウルウルしてました。

ああ、ケン太をまた抱きたいです。

Posted by み〜 at 2012年07月31日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272152747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。