2012年11月23日

伊藤ゴロー × 平出隆 in 名古屋

GLASHAUS / GORO ITO (演奏) (CD - 2012)

ピエニ・フオネ10周年のイベントで間近で演奏を聞いた
ギターの伊藤ゴローさんと、
彼のCD「GLASHAUS」のジャケットデザインを手がけた
詩人&作家 平出隆さんの 
LIVE & TALK が 明日、名古屋で開催されます。

日時: 11月24日 午後16:00開演
場所: colonbooks (名古屋)
料金: 3500円 (coffee Kajitaのお土産付き)

定員60名で あと若干名だそうです。
お申し込みは colonbooks さんへ。

もちろん、平出隆さんの大ファンの私も参加しますよぉ。
なので、明日明後日、富山で開催される合唱コンクール全国大会は聞きに行きません。

私のお気に入りの物書きさんは
HPでも紹介している 白洲正子、須賀敦子、塩野七生
それに加えて、男性では、星野道夫、平出隆
偶然にも、女性は頭文字のイニシャルがS、男性はHの方々なんですよねぇ。

平出さんは「猫の客」を初めて読んでから
読み手を選んでるような取っ付きにくく硬質な文章ながら
詩人であることからくる短く美しい言葉で綴られる
モノクロム写真のような陰影と静謐さのファンになりました。
特に紀行文学のような「ベルリンの瞬間」がお気に入りで、2回も読んだほど。
イタリア・ブレッシアのお墓にある「後ろに視線を残しながら扉を押す女の像」のくだりでは
私もその像を見たことがあるような錯覚を覚え、強く印象に残りました。
明日は、「ベルリンの瞬間」にサインをしてもらうつもりです。
(猫のn の本当の名前も聞いてこよっと。)

ベルリンの瞬間 [単行本] / 平出 隆 (著); 集英社 (刊)





posted by み〜 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303555154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。