2007年06月12日

HOMANとBarba

名古屋・栄 ラシック5階で今日から7月9日まで開催の
「はじめに言葉ありき」(宝満雄大&岡野克俊 二人展)
を覗いてきました。

お二人ともデザイン名古屋フェスティバル ライブマーケットで
グランプリを獲得している作家さんなんですね。

まずは宝満雄大氏の「MORE THAN HOMAN」

homan03.jpg

岐阜「ACTIVE G」にある展示室とはまた違った雰囲気。
カラフル・バックもあります。

homan04.jpg

スペースの広さと照明が違うからでしょうね。

homan05.jpg

↑色が重なって見にくくてスンマソン。
ローウエストのファスナーを外せばジャケットとスカートにわかれ
3通りに着こなせる力作ですぅ。

次は岡野克俊氏の「Fossetta Barba」

barba01.jpg

ローヒールでシック可愛い色合いの靴が素敵!
一応女性用だけど、21cmから26cmまで作ってるので
そのサイズで履ける男性もOKだそうです。

barba02.jpg

履く人のサイズを測って作る受注生産なので今回は注文のみ。
でも、色は展示してある色の中からなら
単色でもコンビでも好みの応じて作ってくれるそうですよ。
↑の茶色の皮とジャカードのストラップ、可愛いですよね。
こちらはジャカードが残り少ないのでお早めにだそうです。
一番右の緑のバレーシューズっぽいのも可愛いっすね。

barba03.jpg

底の仕様が二通りあって、接着だと3万円台後半から4万円台前半
全て手縫いだと5万円台半ばだそうです。
うーーーん、お値段は高いけど、
ベーシックにほんの少しプラスされたフェミニンさが素敵。
茶系でこういう感じの靴、日本製ではなかなかないものね。
輸入製品だともっともっと高いし...ww
posted by み〜 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。