2012年05月28日

四十九日合同供養

kenta120519.jpg


1週間前の土曜日(19日)
4月に亡くなった子達の四十九日合同供養祭が霊園でありました。
こんな大事な日にお父さんは急な海外出張で出席できません。
お母さんはJR那加駅で電車を降り
片道35分の道のりをテクテク歩いて「瞑想の森」へ向かいました。

ケン太の日頃の行いが良かったのか、この日はお天気が良く、
気温も25℃くらいまで上がったと思います。
でもね、吹く風がとっても心地よかったし
途中からは長閑な田圃の中の一本道。
「瞑想の森」が広がる緑の山を目指し
日傘をさして、ひたすら北に向かって歩いたんだよ。
そのあたりの田圃はまだ苗代の準備もしてなくて
レンゲが沢山咲き、雲雀も鳴いていたんだ。

合同供養には20家族50人くらいが参列してたでしょうか
みなさん、亡き子が好きだった食べ物や花束をお供えしてます。
もちろん、お母さんも、みどり坂の花屋で花束を作ってもらいました。


kenta120519_hana.jpg


緑色のトルコ桔梗、ワインレッドのカラー、渋いオレンジ色のカーネーション、
それにピンクの混じったピンポンマム。
どうですか? 大きさはそれほどでもないけど
一番センスのいい花束だった(自画自賛)。ね、ね、ケン太。
ケン太らしいというかお母さんらしいチョイスでしょ?

供養は、まず外にある供養塔の前で全員焼香をし
中の祭壇の前ではお寺の住職さんによる
長く立派な読経があげられました。
亡くなった子たちの名前も読み上げられ
「〇〇 ケン太のために」
お母さんは用意されてた立派な卒塔婆を前に持ってきて焼香。
それだけでグスグスになってるのに
ちょうど焼香してるとき住職さんの口から
「転生」という言葉が聞こえてきて・・
「ケン太、早く転生しておいで」とさらにグスングスン。
お父さんも一緒に参列できたらよかったのにね。

ケン太の本当の四十九日は6月15日・・ですよね。
それまでは、まだケン太の愛用品はお部屋にそのまま。
トイレも水のみ用洗面器もいつものところに置いてあるよ。

先日、動物病院から入院してる時のケン太の写真が送られてきたの。
お母さんは、ひとりで封筒を開ける勇気がなくて、
海外出張から帰ってきたお父さんに開けてもらったんだ。
写真の中にいるケン太の目・・・やっぱりお家に帰りたかったんだね。
ごめんね、ごめんね、ケン太。

そういえば、お父さんはケン太が階段を上がってくる足音を聞いたんだって。
今度はお母さんのところにも来てね、ケン太。
これじゃあ、なんのために四十九日法要やったかわかんないネ。


posted by み〜 at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

ケン太の埋葬のこと、とか。

kentatop1.jpg



ケン太が天国へ逝ってしまったことをここに書いてから
自分でここを開けるのが辛かったのですが
これまで「今日のケン太」として書いてきた以上
ちゃんと埋葬のことも書いてあげなきゃいけないですよね。

亡くなった当日28日は、
まさかそんなに急に逝ってしまうと思わなかったので
ちゃんとした棺というか安置箱が家にはなく、
実家から送られてきた果物のダンボール箱を綺麗にして
私が育てたチューリップやパンジーと一緒に安置してあげました。

その夜は私とダンナ、それぞれが、しばらくケン太に寄り添ってお別れをいい
二人のベッドの間の通路にケン太の安置箱を置いて
最後の夜を一緒に過ごしました。
このとき、最初、安置箱を床に置いたのですが、
ダンナが可哀相だからと言い、ピアノの椅子を持ってきてその上に安置。

翌朝は晴天。
市内のペット霊園に連絡すると午前11時に来園くださいとのこと。
家を出るまでの間、バッハが好きだったケン太のために
私たちが歌っている「ロ短調ミサ曲」のCDをかけて
「これがお父さんとお母さんの歌声だよ。」

車で出発すると、ダンナの提案で以前住んでいたマンションへ。
「この植え込みに、ケンちゃんがいたんだよ。」
「あの2階の家だよ、あそこでもいろいろあったねぇ。」
「さあ、ここともお別れだ。」

途中、お世話になった動物病院へ寄ってお礼を述べ、ケン太を見てもらったら
「この箱じゃあ可哀相だ・・・」
先生が小さな安置箱に丸くなっているケン太を不憫に思ってくださって
小型犬も入るペット用の綺麗な箱を用意し、移しかえてくださいました。
動物病院のスタッフの皆さんにも、本当にお世話になりました。
長年のご厚情に心よりお礼申し上げます。

ケン太の埋葬をお願いしたペット霊園は市内の「瞑想の森」にあります。
人間の葬祭場のすぐ隣で、緑が多く、明るく静かなところです。
そちらの祭壇にケン太を安置し、私とダンナの二人だけの参列で葬儀をあげました。
般若心経を唱え、焼香し、末期の水もあげて、ケン太の冥福を祈りました。
その朝、書いたケン太への手紙は、霊園内の「天国へのポスト」に投函してくださるとのこと。
ケン太、読んでくれたかなあ。

ケン太が逝ってしまってからもうすぐ3週間。
いまだに、いなくなったことが信じられません。
特に夜、寝るときが辛い。
毎晩、電気を消すと、廊下を3本足で走ってくる音がして
私のベッドに飛び上がり、私のお腹の上でしばらく画像のように座り込んでから
最終的には横におりて、私にくっついて寝ていたケン太でしたから。

「19年間・・・て、長いよね。親と一緒にいた時間より長い。」
ダンナも私も同じことを考えていたようです。
大学進学とともに家を出て下宿していた二人でしたから。

今は、PCに残っているケン太の懐かしい画像をまとめながら
あんなこともあった、こんなこともあった
と、19年間の思い出とともにケン太を偲ぶ日々。
5月19日には4月に亡くなった子たちと一緒の合同供養祭が霊園であります。
ダンナは海外出張中で参列できないので、私ひとりで行ってきますね。

【追記】17日11時10分
大事なことを書き忘れていました。
5年前に悪性腫瘍ができて切断したケン太の右前足ですが
実は、先生にお願いしてホルマリンづけの状態で保管していました。
いつか旅立つ日に、また一緒にしてやりたかったからです。
今回、霊園で一緒の埋葬をお願いしました。
だからきっと今は、天国でまた4本足で歩いていると思いますよ。

posted by み〜 at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

オッカサン、元気だせよ。

kenta1009.jpg


携帯の中で見つけました。
一昨年の秋の画像です。
この目が・・・・話しかけてるようで。
・・・・元気出さなきゃね。

ケン太、今、どこにいるの?
土曜日に、お父さんと霊園へお参りに行ってきたんだよ。
19日の合同供養祭(49日法要)には
オッカサンしか行けないけど、ごめんね。
また、二人で行くからね。

posted by み〜 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

ありがとう! ケン太

kenta120428_2.jpg

28日土曜日の午前中にダンナと病院へ面会に行き
衰弱しているケン太を一度、おうちに連れて帰ることにしました。
もしかしたら、おうちで元気を取り戻すかもしれないと思って。

しかし、その思いもむなしく、夜になって息遣いが荒くなり
午後10時30分に私のお腹の上で、息をひきとりました。

オッカサンのゴハンの食べさせ方が悪かったのか
移動させたのが悪かったのか
ごめんよ、ケン太。
でも、いつも一緒に寝る寝室にも行ったし
窓の桟から外を眺めたり、家族の帰りを待っていてくれた私の部屋にも行ったよね。
午後はクーハンに横たわって、オッカサンの歌声を聴いていてくれたね。
パレストリーナが気に入ってたみたいだね。
そういえば、ケン太はバッハが好きだったよね。

GWはずっと一緒にいれると思ったのに
そんなに早く逝ってまうなんて。
昔から手のかからない子だったからね。
最後は苦しそうだったけど、
今はまるで生きてる時みたいに目が大きくて可愛いよ。
この1週間はバリウム飲んだり、麻酔して開腹手術をしたり
辛いことばかりさせてゴメンネ。よく頑張ったよね。
ちょうど庭にはオッカサンが育てた花がいっぱいあったから
一緒に入れてあげようね。

本当に19年間ありがとう!
天使は羽をつけて飛んでいってしまったね。
また、いつでも、気が向いてたら帰っておいでよね。

私たちの唯一の子供であり、家族だったケン太へ。

                     おとっつぁん と オッカサンより。



posted by み〜 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

一喜一憂

昨日は病院がお休みだったので、今日、仕事帰りに私だけで会ってきました。
うーーーん、やっぱり日に日に回復というわけにはいかないようです。
忍びなかったので写真は撮ってきませんでした。

ただ、昨日の朝、ウンチを3つしたこと
食べる量は増えていること
鰹節を鼻に持っていくとニャーと鳴いたこと
これらは嬉しい兆候なのですが
いかんせん、25日よりも覇気がないのです。
呼ぶと目を開けるんだけど、「ダメだ、開けてらんない」
って感じで、すぐに閉じちゃう。

今日は、私の膝の上でしばらく抱いてやったのですが
ぜんぜん抱きつこうとしません。ただ乗ってるだけ。
診察台で立たせようとしたら、
「ニャ〜!」と声が出なかったときの私のようなハスキーヴォイスで鳴きました。
声が聞けたのは嬉しかったけど、痛いことしちゃったのかも。
ごめんよ、ケン太。

ほんと、先生もおっしゃってるけど、
せっかくここまで頑張ったんだから、もう少しがんばろうよ、ネ、ケン太。
そうか、今日はクリームチーズも食べて、お腹がいっぱいだったから
眠かっただけなのかもしれないね。ごめんごめん。
食べれることは、イイことだよ。

私もダンナも明日から6日までGWで休みなので
明日また一緒に会いに行き、
どうすれば、一番ケン太のためになるのか
先生とも相談して、これからの方針をたてようと思います。

posted by み〜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

一進一退

kenta120425.jpg


kenta120424.jpg


上は今日(25日)のケン太
下は昨日(24日)のケン太

正直、昨日(24日)、ひとりで面会に行ったときはショックでした。
前日、少しウンチが出たと聞いて喜んでいたら
この日は、チューブで流動食を食べさせても腸が全然動かなくて
グッタリと横になったまま、立ち上がろうともしません。(写真の通り)
顔を撫でてやっても、ガブッと噛みつかれるだけ。(その反応速度は速い)
とても甘噛みって感じではありませんでした。どこか痛いんでしょうね。
先生も困ったという雰囲気。
「せっかくココまで頑張ったんだから、もうひと頑張りしようよ。」
と私も先生もケン太に声をかけました。
腸を動かす薬を与えてみますという先生の言葉にすがりながらも
本当は「もう家に連れて帰りたい」、後ろ髪をひかれる思いで帰宅しました。

その夜は、自宅の5年点検のため片付けていたケン太の愛用品を元通りに。
トイレに綺麗な砂を、洗面器にはなみなみと水を、ゴハンのお皿は定位置に。
引き戸は全て少し開けて、いつでもケン太が戻れる状態にしてやりました。
そして寝る前に、ベランダでお月様にケン太の回復を祈願。

今日(25日)は朝から携帯を肌身離さず状態。もし、何かあったら・・・
と、ハラハラしながらも、何の連絡もなく一日の仕事が終わり
ケン太の好物の<のやき>と水を持って、ダンナと面会に行きました。
なんと、今日は、流動食をシブシブながら3回も食べたそうです!
そして薬のおかげなのか、親指大のウンチも出たとのこと。
おまけに写真にあるように、支えてもらいながらも、自分で後ろ足を動かし、
猫がうずくまる姿勢をとっているではないですか。
好物の<のやき>を鼻元に持っていったらクンクンと鼻を動かし目が「キラン!」
キュルキュルと腸の動く音もするし。(でも、そのものは食べなかったけど)
「すごいすごい、ケンちゃん、がんばったね」
もう私たちだけじゃなく、病院のスタッフの方全員がケン太のこの変化に大喜び。
でもね、これで安心してはいけないとのこと。
明日はまたどうなるかわからないのだから。

焦らずに少しずつでいいから、がんばろうね、ケン太。
すりつぶした<のやき>入りの流動食、食べたかな?
明日は病院がお休みだから、今度は金曜日に行くね。




posted by み〜 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

手術後三日目

kenta120423.jpg


今日は仕事帰りに私だけ面会に行ってきました。
まだ点滴をつけたままだったのでビックリ。
今日も顔を撫でてやったら、最初、私の指をアマ噛みしました。
うん、うん、わかった。気に入らないのね。
流動食を食べさせようとしたけど、プイッと無視だったそうです。
ミルクもノーサンキューだったし。
確かに、食の好みはハッキリしてたかもしれません。
療法食でも他の子が食べるものはバツでした。
とりあえずチューブで強制的に与えるかもしれないとのこと。
本人(猫)はご機嫌ナナメって表情してます。

でもね、ひとつ嬉しかったのは、手術直前に食べたものが
今日、ウンチで出てきたんですって!
バイパス手術は成功したってことですよね。
今日の先生の説明だと、バイパスというより、ちかみちというほうがわかりやすいかも。
詰まった箇所より先と手前の正常な腸同士をくっつけて一部を縫いつけ
穴を開けてやることにより、腸をつなげたんだそうです。

さあ、あとは食べることだよ、ケン太!
明日は食べれるとイイね。
そんな「もう帰るの?」って顔しないで。
明日、また来るからね。


posted by み〜 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

手術の翌日

kenta120421.jpg


夕方、入院しているケン太に面会に行ってきました。
診察室で待っていると、点滴をつけたまま、抱きかかえられて入ってきたケン太。
「ケンちゃん、よく頑張ったねぇ。」
と声をかけながら、まだ手術から24時間経ってないのに、
エリザベスも包帯もしていないケン太に、嬉しいやらビックリするやら、、、
診察台で横になるケン太の顔を撫でてやると
目の周囲が濡れてるような気が・・・苦しくて泣いたの? ケン太。
それを聞いてた看護婦さんが、そっと目の周りを拭いてくれました。
「おうちに帰れるように、もうちょっとがんばろうネ。」
そう声をかけると、気のせいか<おうち>に反応して目を見開いたような・・。
時々、頭を上げて、ダンナを見たり、先生や看護さんを見たり。

開腹した腸の状態のカラー写真も見せてもらって説明も受けましたが
確かに、膨れている部分と、詰まってその先が細くなっている部分が。
硬くなったり、癒着してたというのは正直、あまり写真ではわかりませんでした。
柔らかいウィンナーソーセージみたいで血管も通っていて綺麗だなぁって思いました。

まだ一日中、点滴をしてる状態ですが、明日から水を飲み
月曜日からは流動食も。
順調に行けば水曜日に退院の予定だそうですが・・
さあ、もうひとふんばり、がんばろうね、ケン太!

あとからダンナと話したら診察室に入ってきたケン太を見て嬉しくて
私はケン太の顔ばかり見てたらしく、お腹の部分はあまり見てませんでした。
が、ダンナはちゃんと手術したお腹を見てたらしくて
15センチくらい切ってあったけど、
包帯もなくて、左右の糸も少なく、綺麗な傷口だったそうです。
毛も剃ってあったけど、5年前に悪性腫瘍で右脚を切断した時のほうが
もっと皮膚が赤くて痛々しかったと言ってました。

人間でたとえれば92歳のおじいちゃんケン太。
がんばれというのもコクだけれど、きっと我が家に帰ってくると思います。



posted by み〜 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

今夜、開腹手術をします。

NEC_0894.jpg


ツイッターでは呟いてましたが、7月で19歳になるケン太が
ウンチが出なくなって口から下痢をする状態が続き、
バリウムを飲んで調べてもらったら、
盲腸付近で詰まっていることがわかりました。
このままでは衰弱死をしてしまうので
今夜、開腹手術をします。
年齢的にも体力的にも耐えられるものなのか
不安で不安でメソメソしている私です。
が、ダンナはケン太の生きる力を100%信じているのです。
吐いても吐いても、食べたい食べたいと訴えるケン太。
その食欲と目力を信じて、私もメソメソしません。
頑張れ、ケン太!

(画像は2月のある日、ホットカーペットの上でうたた寝中のケン太)

追記(午後11時30分)
ツイッターと重複しますが・・・

まだかまだかと気をもみ、食事も上の空、お風呂にも入れず待っていたら
やっと午後10時過ぎに病院から連絡がありました。
腸のバイパス手術が終わって麻酔から覚めつつありますとのこと。
良かったぁ、、ホッと一安心・・・

ところが、それに続く先生の説明を聞きながら、
やはりそうだったのかと悪い予感もあたっていました。
盲腸付近から数センチ、腫瘍ができて硬くなり、3ミリくらいの隙間しかなかったらしい。
他にも数箇所、腸に腫瘍が見うけられるが、切除すると手術が大掛かりになるので、
バイパス手術だけにしたとのこと。
まずは第一関門は突破したけど、明日、明後日、どうなるかですねと言われました。

まずはケン太、よく頑張った! さすが、ケン太だ!

覚醒してからの術後のほうが本人はシンドイのかもしれませんね。
明日午後なら面会できるとのことなので、
明日、面会&ねぎらい&励ましに行ってきます。




posted by み〜 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

2011年08月04日

18歳になりまスた。

kenta1107.jpg


おひさしぶりです。
みなさん、お元気ですか?
オイラは7月で満18歳になりまスた。
人間に換算すると88歳だそうです。
「おお、米寿だね! お祝いしなきゃ」
って、オッカサンが言ってまスたが、
お祝い、まだしてもらってませ〜ん。
アレ、この間食べたお魚がそうだったのカモ。

そそ、オイラ、最近モウロクしてきたって言われます。
 階段を下りるとき、後ろ足をぶつけたり
 オッカサンのベッドに飛び乗るのに失敗したり
 トイレじゃないところでウンチしたり
しょうがないじゃんねぇ。

なんだか、不順な天候の夏だけど
放射能も気になるけど
なんとか乗り越えていこうと思ってます。
ではでは バイバイ。

posted by み〜 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

出したモノは、しまおう!

kenta101023_1.jpg


みなさ〜ん! 出したものはちゃんとしまってますか?
オッカサンは、しまうのが苦手なんですよ。
だからぁ、オッカサンの部屋ってぇ、
オイラの足の踏み場がないんですぅ。

あっ、そういえばオイラもしまうの苦手なんだよね。
若い頃はタンスの引き出しをこじあけて
中から下着をひっぱり出しては潜り込むのが得意だったけど
いつも、下着は出しっぱなしでよくオッカサンの叱られたっけ。

おっと、今夜はスットコドッコイな顔をお見せしちまったなぁ。
おっかさんはカワイイって言ってくれるけどね。

posted by み〜 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

叱られてよぉ。。。

NEC_0756.jpg



いつまでも暑いねぇ。
みんな、元気?

夕べは、オッカサンの膝上に乗りながら
オイラの口先にあったオッカサンの親指を
手加減せずに噛んでしまって チョイ血が出てしまった。
オッカサンはよほど痛かったらしくて激怒。
「何するのぉ!!」
オイラ、頭と横っ面をひっぱたかれちまった。

スネオになったオイラはすごすごと1階に避難。
でも、オイラ、そういうのはいつまでも引きずらないんだ。
一晩寝たら忘れちまう。
今日はもうオッカサンにベタベタくっついてるからご心配なく。

あっ、オッカサンもめったに手を上げる人じゃないからネ。
17年間で3度目くらいかなぁ。

さて、オイラの近況なんだけど
今、甲状腺ホルモン抑制剤を飲んでるんだよ。
1日1錠の錠剤をオッカサンが半分に割って
それをさらに爪先で粉々に砕き、
朝晩のいつものカリカリご飯にかけてくれるんだ。

薬を喜んで食べてる?・・・・じゃなくてさ
その上にトロリッとした液状ふりかけをかけてくれる。
ご飯をチェンジするときに嫌がる我がままネコ用のふりかけらしいけど
こいつが旨いんだよねぇ。

食欲はあるのに下痢ピーでどんどん痩せていくオイラのために
病院で処方してくれたんだけど
1ヵ月後にまた検診に行かなきゃいけないのさ。


posted by み〜 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

獅子舞?(17歳の図)

kenta100707.jpg


お久しぶりです。ケン太です。
8日はおとっつぁんの誕生日ですた。
(フィフティ〇ォだよん。)
オイラも推定7月生まれ。
ということで、おとっつぁんのたっての希望により
その日がアベックバースデーということになっておりやす。

ハイ、17歳になりますたよぉ。
人間だと高校2年生なんですと。
青春真っ盛り・・と言いたいところですが
オイラはもうジイちゃんの域。

猫族の持病(?)、慢性腎不全で痩せこけちまいますたが
何とか腎臓サポート食で頑張っておりやす。
最近は、オッカサンの実家、島根から届く
新鮮な魚を焼いてもらうのが楽しみで・・・・。
というか、実はオッカサンのぶんを
お相伴させてもらってるんですけどね。

本当は腎臓のためには良くないのでしょうが、
短い人生、じゃないや猫生でござんすからね、
少しくらいのグルメはヨシとしましょうや、
ネッ、先生。

アッ、上の画像、
オッカサンは獅子舞みたいだって言います。
頭、噛んであげようか? オッカサン。

posted by み〜 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

て、て、て、天使の羽?

kenta100313_2.jpg


ちわ〜〜っ、ケン太で〜っす!
いつ以来の登場なのかなぁ。
お正月以来? マジっすかぁ! 

うーんと、オイラ食欲はあるのですが、
食べるとすぐにビーーッ!と出ちゃうので
なかなか太れません。
でも、それなりに、元気です。

えっと、今日はオイラの秘蔵(?)映像を・・・
ちょっと画質は悪いのですが・・・

オッカサンは天使の羽だって言ってますけど・・・
                     ↓
                     ↓
                     ↓
                     ↓
                     ↓
                     ↓

kenta100312_2.jpg


ちなみに、これはオイラが@イレで頑張ってる後姿です。
ほら、みなさんの背中にもあるでしょ?



posted by み〜 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

明けましておめでとうございます。

kenta09123004.jpg


明けましておめでとうございます。
昨年はな〜んとなく書くのが億劫になってしまって
なかなかこのブログも更新できませんでした。
それでも来て下っていたみなさま、
本当にありがとうございます。

ネタはいろいろとってあるので
今年はもうちょっとコマメにアップできたらいいなあって思ってます。
なんたってネタは新鮮さが一番ですものネ。

つーことで、↑は最新のケン太です。
今年はオイラの年だと張り切っているようです。
腎臓サポート食もそこそこ食べているので
痩せてはいるものの、
相変わらずオジィには見えない可愛い表情、
凛々しい表情を見せてくれてます。(親バカ?)


kenta09123010.jpg


【追記】
そそ、雪ですが、昨日の夕方から降り始めまして朝10cmほどの積雪でした。
今も降ってはいますが、車の上には残っているものの
道路の雪は解けてしまっています。
今年は、京都への帰省を見合わせました。
posted by み〜 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

秋の夜長…

kenta091019_1.jpg


とは言うものの、ちょっとぉ、
オッカサンは何時まで起きてるつもりなんだい?
明日からまた仕事だろっ。早く寝なきゃ。。








オイラ、先に寝るね。

kenta091019_2.jpg

ZZZZZzzz。。。


【追記】
結局この日は今シーズン初めて、
夜中に寝ているオッカサンを起こして
布団の中に入れてもらいまスた。


posted by み〜 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

中秋の名月

kenta091003.jpg

今夜は「中秋の名月」だそうだ。
けどオイラは狼じゃないから
月見て吼えることもないし、変身することもない。
ましてや月見団子も食べない。
なので、いつもの夜と同じように寝るだけサ。
じゃっ!

posted by み〜 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

猫用腎臓サポート食

kenta090818.jpg


写真の4種類のご飯はオッカサンがオイラのために用意してくれた
猫用の腎臓サポート食です。

一番奥が最初に病院で処方された アイムスの腎臓アシスト
左がペットショップでも売ってる ロイヤルカナンの腎臓サポート
一番前が病院でバリばり食べていた ノバルティスのキドニーケア
一番手前は今日届いたばかりの ヒルズの猫用k/d

さて、この中でオイラが一番よく食べたのはどれでしょう?








実は病院で美味しくないと言われた ヒルズのk/d なんです。
その次が ロイヤルカナンの腎臓サポート
次が ノバルティスのキドニーケア
プイッとそっぽを向いてしまうのが アイムスの腎臓アシスト

ダイエットの時も ヒルズのr/d を2〜3年飽きずに食べてたからね。
オッカサンがきっとヒルズだったら食べるはずだ
って思ったのは正解だったのさ。

病院ではノバルティスやヒルズのを食べる子はほとんどいないって
まるで変な子みたいに言われたけど
そんなのねぇ、嗜好だって個体差があるんだから
決めつけないで欲しいっすよね。

今日ヒルズのk/dを初めて食べさせて貰ったら、
「そそ、この味この味」ペロリと平らげちゃってオッカサンに
「アンタさあ、ヒルズのCMに出演したら?」って言われちまった。
「いいよ、喜んで出演してあげるよ。」(^_^)v

posted by み〜 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

ワガママ言いたい。

kenta090814_1.jpg

オッカサンたちが京都へ帰省している間
オイラは病院でお留守番してまスた。

病院では爪を切ってもらったり
クレアチニンだけじゃなく、いろいろ他の血液検査もしてもらいまスた。
その結果、甲状腺機能低下が疑われたのですが
一般的に猫は甲状腺機能亢進、犬が甲状腺機能低下になるのが通説で
オイラは、もスかスて世界で初めての猫の甲状腺機能低下症かも
なーーんていわれまスた。

まあね、ホルモンは精神的ストレスで上がったり下がったりするし
腎臓サポートのご飯をちゃんと食べるようになってから
酵素を与えてみましょうかねぇってことです。

そそ、オイラは病院ではとってもお利口さんで
出された腎不全用療法食(ノバルティスのキドニーケア)
バリバリ、ボリボリ完食。
まあね、お利口さんというよりは、
病院ではオイラのワガママをきいてくれる人がいないから
目の前にあるメシは食っておかないと餓死しちまうわけよ。
だから、マズイ療法食だって完食できるんだ。

さあ、オッカサン、オイラお利口さんだったから
このプリン、少しだけでいいのでおくれよネ♪

posted by み〜 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。