2010年03月28日

世界フィギュア選手権エキシビション実況中継

さてさて、続いて現在放送中の番組の紹介です。

昨晩ご紹介した、ラジオカナダ のサイトで
フィギュアのエキシビションを実況中継しています。
さきほど(22時5分)4位だったミキティの演技が終わったところです。

あれれ、23時ごろから音声だけで画像が見れなくなっちゃいましたね。
残念。

追記です・・・

0時20分ごろに見たら、画像も見れるようになってました。
現在(0時38分)、巻き戻して見せてくれてるみたい。
真央ちゃんもヨナちゃんも見れましたよ。
真央ちゃん、あんな暗いリンクなのに
ジャンプもスパイラルもステップも素晴らしかった。
特に、ステップの切れが良かったなあ。
ブラビッシモ!!

ちなみに、見れない間、解説のおじさんの溜息や
裏方さんの会話が聞こえてて面白かったですぅ。




posted by み〜 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

世界フィギュア選手権女子FS実況中継

こんばんは♪

ラジオカナダ

でフィギュア女子FSのネット中継をしてます。

第3グループで15番滑走のキムヨナちゃん、
ジャンプ2回失敗しましたが
総合190.79で暫定1位
ミキティが177,72で暫定2位です。23時30分時点

真央ちゃんは第4グループで20番滑走です。

真央ちゃん、私には完璧に見えたのですが総合197.58で暫定1位。
2回滑ったトリプルアクセル、もしかして回転不足だった?
で、キム・ヨナちゃんが暫定2位です。

ああぁぁ、SPで1位だった長洲未来ちゃん、
プレッシャーに押しつぶされちゃったのかなぁ。
ジャンプの失敗がひびいて7位に。
でもスピンはスピードも姿勢も素晴らしかったです。
これを経験に、今後どんどん伸びてくると思いますよ。

ということで、真央ちゃん、金メダルです! おめでとう!

ただ私が思うに、やっぱりラフマニノフの「鐘」は
ずっと音楽が深刻で、表現内容も重すぎる感じ。
もっと緩急のある曲、明るさを伴った盛り上がりのある曲のほうが
10代の女性が素直に感情表現できるし、
観客もジャッジも共感できて
思わず高い点をつけちゃうと思うんだけどな。

その点、キムヨナちゃんのFSの曲とプログラムはよく練られていて
彼女にとても合っているし、彼女の表現力が素晴らしい!

個人的には真央ちゃん、
エキシビションのパガニーニ作曲「カプリース」のほうが
弾けてて素敵だと思うんですが。
あの曲でFSのプログラミングしたらどうなのかしらね。
あと真央ちゃんはダンスとか習ってるんでしょうか?
顔の傾け方、肩や腰の入れ方など、身体での感情表現を工夫したり
もっと顔の表情を豊かにすれば、
ずっと演技の幅が広がると思うんですけどね。
それからトリプル・アクセルを2回飛ぶなら、体力つけなきゃね♪
真央ちゃんは、まだまだ伸びると思いますよ。


【追記】3/28
さすが、プロのライターさんですね。
私が本当に言いたかったことを
フリーライターの青嶋ひろのさんが的確に書いてらっしゃいます。
「浅田真央が気づいていない大切なもの」
実際、今回の大会でも技術点ではキムヨナちゃんの上なのに
プレゼンテーションでは負けてますからね。


posted by み〜 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

トリノへと続く「道」だった!?

今朝、見ましたよ! 
世界フィギュア選手権・男子FP!

本当は感動をすぐに書きたかったのですが
出勤準備で忙しかったので、今頃、コソコソと(苦笑)

あらためて・・・
高橋選手、世界選手権金メダルおめでとう!

貴方には感動をありがとうと言いたいのと同時に
私は、あなたの演技にとても勇気づけられました。
SPを首位で折り返し、
おまけに最終滑走というプレッシャーの中でも
守りに入らずに4回転フリップに挑戦!
回転不足と判定されてしまいましたが
見事着氷したときは思わず拍手しちゃいました。
その後は、どうかこのアト失敗がありませんように
と祈るような気持ちで見入ってましたが
ひとつ、またひとつとジャンプを決めるたびに
自分の中で感動がこみ上げてきて・・・

実は、演技が始まる前から、
TVのアナウンサーのコメントにウルウルきていたんです。

高橋選手のFPの曲「道」は
古いイタリア映画「道」で使われていた曲。
一番印象的なメロディーは
日本では主人公の女性の名と同じ「ジェルソミーナ」として
年配の映画ファンにはよく知られています。
もちろん、私も知ってましたよ〜。(苦笑)

「ゴッドファーザー」や「太陽がいっぱい」
「ロミオとジュリエット」などの有名な映画音楽を手がけている
ニーノ・ロータの曲ですから、とても心に残る曲なのですが
どうして、若い高橋選手がこんな古い曲を・・・と思っていたんです。

詳細はよくわかりませんが、膝の手術後、
4年前のトリノ五輪での苦い想い出をバネに、
この曲で再起を期するところがあったのでしょうね。
バンクーバー五輪ではシーズン当初の不安を吹き飛ばしてくれて
見事銅メダルを獲得。
私は、それだけで本当に良かったねって思っていたのですが

バンクーバーの後、このトリノの思い出のリンクで
4年前と同じ最終滑走者として金メダルを狙う位置にいる。
ああ、そうか、高橋選手のあの試練は
今日、この場所に繋がる「道」だったんだなって勝手に思い込み
そのシチュエーションと曲想だけでもう心が震えてしまったんです。

結果は・・・

誰が見ても素晴らしい技術と演技力で
見事、日本男子初の世界選手権・金メダル獲得!

時には逃げ出したいこともあったかもしれませんが
それらの試練を乗り越え、
人知れず自らの体力・技術力・演技力・精神力を鍛え、
磨いた挑戦者だからこそ
見るものに感動と勇気を与えることができたんだと思います。

posted by み〜 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

トリプルアクセル2回は...ww

NHK杯、女子フィギュアスケートで真央ちゃんが復活、
いや、進化して戻ってきてくれました。
嬉しいぃぃぃ!! オメデトウ、真央ちゃん!

フランス大会でまさかの連続失敗だったジャンプ。
昨日のショートプログラムは、
さあ最初のジャンプはどうだ! ヨシ! 次は・・
って、見てる私がコブシを握るくらいドキドキしましたが
ラヴェンダー色のシフォンのコスチュームを身につけ
ドビュッシーの「月の光」に乗って優雅に演技する姿は
去年とはまたひと違う、新しい真央ちゃんでした。

そして今日のフリーでは、ハチャトリアンの「仮面舞踏会」の曲にあわせ、
優雅でありながらも力強いジャンプとステップを披露。
最終的には二つ目がレベルダウンとジャッジされて認められなかったのですが
女子として初めてトリプルアクセルをひとつのプログラムに2回入れてきた真央ちゃん。
特に最初のシングルなったトリプルアクセルは高さも回転も美しさも完璧でホレボレ。
9点も取れるようなシングルジャンプなら
無理してコンビネーションジャンプにする必要ないんじゃないかと思うくらい。
本当に今日の真央ちゃんは、復活というより
あきらかに進化した真央ちゃんでした。

グランプリ・ファイナルでどんな演技を魅せてくれるのか楽しみです♪

2位になった鈴木明子さんのフリーの演技も
フィギュアって楽しい!ここで演技できて嬉しい!
という本人の気持ちが伝わってくるものだったし
逆転で3位にくい込んできた中野友加里ちゃんの演技も
自分を信じて滑っているのが
ジャンプやスピン、表情からもうかがうことができて感動しました。
posted by み〜 at 02:17| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

観てます?北京オリンピック。

おはようございます。
北京オリンピックも折り返し地点を過ぎた頃
みなさん、観てますか? 楽しんでますか?

欧米でのオリンピックと違って夜中に観ることがないので
体力的には助かるのですが
その反面、リアルタイムでアチコチで注目の試合があって
どれを観ようか迷ってしまうぐらいです。

さて、そんな時に助かるサイトのひとつが
スポーツナビ/北京五輪

今日、何時から何の試合があるかわかるし
TVを観れない人用にライブ中継もあります。

それから、観て参加して読んで楽しめるのが「ほぼ日」さんの
観たぞ、北京オリンピック!

私の投稿も、いくつか採用されてるんですよ。
みなさんも、お気軽に参加してみませんか?
読むのも面白いですよね、特に永田さんのコメントが。
posted by み〜 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

来たぞっ、ヒディンク・ロシア!!

ハイハイハイハイ、
ワールドカップとか○○選手権の時だけ燃える
にわかサッカー・ファンのおばさんです。
今朝は、いつもケン太に起こされる時間(4時半頃)に起きて
TVにかじりつきでしたわん。

EURO2008 オランダ対ロシア

だってね、予選リーグでスウェーデンに勝っちゃった
あの、ヒディンク監督率いるロシアと
予選リーグ絶好調、優勝候補のオランダが戦うんですからね。
(そのわりに最初から見てないけど..ww)

にわかファンは予選リーグ、今ひとつ燃えてなかったので
スウェーデン戦もギリギリ最後のほうを見て
「ひょえ〜〜、あのノッポのスウェーデンが負けた!?
 で、ロシアの監督って…ヒディンクじゃん!」
とはじめてそこでヒディンク監督に気づいたくらいで・・スンマソン。

で今回もTVをつけた時はすでに後半戦が始まっていて0対0。
どう見ても白いロシアが押してまんがな。
(ふふふっ、オモロクなりそう。。v( ̄ー+ ̄)ニヤリ)
解説者の人によると、今日はオランダの様子がおかしいらしい。
いつもと違う立ち上がりの仕方で
選手と選手の間があきすぎていて、1,2,3の3がいないんだとさ。

それにくらべて、ロシアは攻撃のスイッチが入ると
ドドドドーーッと数人でゴールを目指すは、
後からオーバーラップしてくる選手はいるは
前々回のワールドカップでベスト4まで行った韓国のように元気。
これがヒディンク・マジックなのでしょうかねぇ。

でもあの韓国と違うのは 
破壊力のあるフォワードのパヴリチェンコと
一人でどこまでもボールを持っていける
ロシアのマラドーナことアルシャビンがいることでしょうか
だから赤鬼オランダとでも競り勝っちゃうんですよ。
で、ついに最初の1点を叩き出したのはロシアのパブリチェンコ!

さて、オランダもそのままで終わるわけがございません。
後半の30分以降の流れは完全にオランダでした。
しつこくシュートを打ちまくる(でも精度は..ww)スナイデルの気迫が勝り(?)
ついにスナイデルのゴール前へのピンポイントキックを
ファン・ニステルローイが頭で合わせて見事なゴール!!
「おおっ、さすがっオランダ!」
と起きてきた家人と顔を見合わせましたわん。
しかしその後も、どうも波に乗れずオランダは勝ち越せません。
ついに延長戦へ。

オランダはカードを切り間違えたのか、それとも出せなかったのか。
前回の試合から中3日でロシアの中2日より有利なはずなのに
延長戦で走っているのは白いロシアのほう。
延長戦後半になってもアルシャビンは走ってドリブルで抜いて
オランダのゴールへ攻め入る攻め入る。
そんなアルシャビンが上げた絶技ともいえるクロスボールを
ロシアの2枚目のカード、トルビンスキーが左足外側でチョンと合わせて
勝ち越しの2点目が入ってしまいましたぁ!(うぉ〜!)

でも、まだ延長戦はあと7分あるぞ!
クロアチア対トルコのようなケースもあるしねぇ。
しかし、もうオランダは力尽きたのか。。。。(×_×;)
今度はアルシャビン本人がドリブル突破、ゴールに振り向き
マンUのゴールキーパでもある
ファン・デルサールの股間を抜いて2点目ゴール!

うーーん、最初のアルシャビンの飛び出しは
オフサイドに見えなくもなかったのですが
延長戦の後半、最後の最後まで力を出し切れるロシアはすごい!
アルシャビンはすごいぞ!!

そんなアルシャビンを止めれるのはカンナヴァーロだけか!?
んんんん? まだイタリアがスペインに勝ったわけじゃないし。^_^;
カンナヴァーロもケガで出れないしネェ。(T.T)
(でも、ベスト4に進出してるのは全て、リーグ戦2位のチーム!)

それにしても、その前のクロアチアとトルコの試合もすごかったですよぉ。
延長戦後半、あと1分で終わりって時にクロアチアが1点取って
これでクロアチアが勝ちかと思ったら、ノン!ノン!ノン!
ロスタイム終了まであと5秒でついにトルコが同点に!
結局、その勢い(というか失意)がPK戦に影響したのか
トルコがPK戦を制してしまいましたとさ。
いや〜、ミラクル・トルコとはよくぞ言ったものです。

EURO2008選手権、チョー面白いっす!
(明日も早起きしなきゃ! フォルツァ、イタリア!!)
posted by み〜 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

フランス対イタリア

結果はもうわかっていたのですが
WOWOWでユーロ2008欧州選手権「フランス対イタリア」戦
前半途中から見ちゃいました。

素人では試合内容のことはよくわかりませんが
でも「サッカーってやっぱり格闘技よねぇ」って思ったほど当たりが強く
確かに、ファールはいっぱい出たし、華麗な技こそ無かったものの
緩急をつけたパス回し、強いキック力、執念のようなディフェンス力など
日本のサッカーでは見ることのできないシーンだらけで
一時も目を離せず、わくわく興奮しながら最後まで見ちゃいましたわん。

このカード、2年前のあの因縁のワールドカップ決勝戦の組み合わせ。
もちろん、それまでにも両国は数々の名(?)勝負を戦ったきたのでしょうが
この試合にかける意気込みが、サポーターともどもスゴイって感じ。
もう何百年前から戦ってきた国と国とのぶつかり合いだと、
これほどまでに熱くなるんだぁって思ったりしてネ。
でも、激しくぶつかったアトは
実は同じリーグで戦ってるサッカー人で、俺たち友達
という雰囲気もピッチの内外で漂ってるところに好感を持つんですけどね。

しかし、我ながら、ついついイタリアを応援してしまうのはナゼに?
いわゆるスター選手はいないんだけど、
地味で職人気質風な選手が多いからか
前世がイタリア人だと思い込んでるからか・・・。
ピルロとかカンナバーロとかガットゥーゾとかブッフォンとか
好きなんですよね。

はぅ。予選リーグはなんとか勝ち抜けたイタリアだけど
カンナバーロはいないし、
イエローカード2枚もらってピルロもガットゥーゾも出れなくて
次のスペイン戦は大丈夫なんだろうか?
うーーーん、でもこの勢いに乗って、地味、ベテラン、若手総動員で、
なんとか勝ち抜くような気がするのはファンの贔屓目?σ(^◇^;)

蛇足です・・・

試合を見はじめた瞬間、
白いイタリア、青いフランスに目が馴染まなくて戸惑っちゃいました。
アズーリはやっぱブルーっしょ!

フランスは世代交代してる最中でしょうか
アンリの時代は終わった? (2点目を献上しちゃったしぃ。)
これからはベンゼマの時代でしょうね。

フランスも得点するチャンスはあったんですよね。
イタリアゴール前に右からあがってきた選手(名前わかんない)、
ほとんどフリーでボールをもらったので
一人ついたイタリアの選手をフェイントをかけて抜けば
ブッフォンと1対1状態になったのにぃ!
という場面が2回もあって、
どちらも混み合ってる前線にパスを出しちゃいました。
フランス代表選手ならフェイントかけるドリブルなんて
みんな朝飯前とちゃうんかい!?
posted by み〜 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

阪神、強いなぁ。

うふっ。阪神タイガース、強いっす!
今日も勝ちました。嬉しいっす!
4月はこれで11勝3敗?
スゴイッすね。

赤星が選手会長になって、なんか変わった。
ヒーローインタビューでのコメントを聞いてると
なんて頼もしいんでしょう! って思うしネ。

広島から移籍してきたアライが頑張っていてイイ刺激になってるのかも。
今年は走塁が積極的でいいっすよねぇ。
つながるのよねぇ。
ただし、まだバントがヘタな選手がいるのがチョイト不満。

エラーをしないこと! バントは確実に決めること!

今年もコレでお願いしま〜す!
打ち上げ花火のようにソロホームランばかりで点を取るのも野球ですが
やっぱ打って、走って、送って、繋げて点を取る野球のほうが面白いっすよ。ネ♪

それにしても、一昨日のピッチャー下柳、
楽しそうに野球してましたなぁ。
少ない球数で久々に完投勝利をあげたのもサスガですが
ホームラン性のフライを捕ってくれた野手にも声をかけ
ミスした野手にもクサらずに声をかけ
(それにしても、あのセカンドはアウトやろ〜!)
バッターボックスにも嬉しそうに入り、ヒットを打ち
(今シーズン初ヒットを打って、関本に「おさき〜」って声かけたんだって。)
ほんと、野球はこうやって楽しくするもんやでぇ。
って身体全体で表現していたような気がします。

実は下柳のピッチングが好調かどうかは、
投げるフォームに入る前に上げる左足の高さでわかるんですよ。
一昨日は最後まで左足が高く上がってたもんなあ・・・。

去年の下柳は、途中でクサって、
応援してても気分が悪くなることもあったんですが
今年はなんとなく身体も去年より絞られたような気がするし
あの星野監督のもとで優勝した年の下柳のような感じがします。
開幕からもう3勝をあげてるんですよね。

あっ、アニキもやっと2000本安打を打ちましたね。
ベテランは頑張ってるし、移籍組も頑張ってる。
もちろん、ピッチャーも頑張ってる。
新人もがんばれ〜!!

阪神タイガース! 今年は優勝や!

でも・・・まだ4月やで〜〜.....
と、自嘲するのが阪神ファン(^◇^;)
posted by み〜 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

真央ちゃん、スゴイ!

今朝、めざましTVで速報を見てビックリ。
真央ちゃん、最初のジャンプの前に派手に転んじゃいましたよねぇ。
回転中に失敗してじゃなくて、助走でエッジが効かなくて
フェンスにぶつかるほどの転倒。
不通なら、あそこでリタイアする選手もいるそうですが
彼女はその後がすごかった・・・らしいです。

滑走後のインタビューによると頭の中が真っ白になったそうですが
もう開き直って滑ったというか、、、
最初の転倒でマイナス8点あるのに、
結局、コストナーも抜いて1位になっちゃった。

もうウワァーーン!ウワァーーン!泣いてる真央ちゃん見て
私まで貰い泣きしちゃいましたよ。
悔しかっただろうなあ。

さあ、これからTVでその演技が放映されます。
また全部を見てから 書きますね。

【追記】3/23
TVで見ましたぁ。
↑に書いちゃったのですが、最初に見たときフェンスにぶつかったと思った転倒
ジャンプの軸足が滑ってしまった転倒でしたが、
真央ちゃん、転倒してからの身の翻し方が上手で、
フェンスに烈しくぶつかったわけではありませんでしたね。

で、そのアトの挽回が本当に見事で、
美しさの中に力強さも同居する、見事な演技だったと思います。
あれで最初の転倒がなければ・・・と思ってしまいますが
不測の事態が起こったときこそ、
それまで積み上げてきたその人本来の姿が現れる。
まだ17歳ですが、真央ちゃんのこれまでの集大成のような演技だった
のではないでしょうかねぇ。
心より拍手をおくります♪ おめでとう!
これでまた来年、どのような成長をみせてくれるのか楽しみ♪

で、私、個人的に、今期のフリー演技の構成は
やっぱり真央ちゃんよりキム・ヨナさんのほうが好きなんですよね。
ミス・サイゴンという曲がイイのもありますが
ステップ、ジャンプ、スピン、振り付けなどの身のこなし
どれをとっても彼女の可憐さを際立たせていて
それらが音楽で言えばフレージングとして美しく繋がっていて
見てる者に伝わってくる、説得力があるんです。

真央ちゃんの演技に、この一連のフレージングというか、
物語性が加われば、もう鬼に金棒だと思うんですけどね。
彼女には、十分にハートを乗せるお皿、技術が備わっていると思うので。

そそ、中野由香里さんの演技、
ミスもなくジャンプも力強くてアピール力があり、
会場の観衆を心をグッと掴んでましたよね。
コストナーさんと同じくらい、
それ以上のスタンディングオベーションでしたもの。
どうなんでしょう、私は専門家じゃないから勝手なことを言えないのですが、
演技に変化をつける、
例えば力強いだけじゃなく柔らかいジャンプとか、しなやかな身のこなしとか、、、
技術をもう少し生かしたものが加われば・・・かなあ。
でも、もう十分に観客の心を掴んでるので点数に拘らなくてもイイと思います。

最後にミキティ。
「途中棄権」という言葉だけでは私達にわからないことを
彼女の身に何が起こり、どんな思いでリンクに立ち、どんな思いで棄権をしたか
そして、これからどうありたいかを
涙声だったのですがTVのインタビューで、
気丈にも、自分の言葉で丁寧に語ってくれました。
もう、それを見ていて私は彼女を抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいだった。
ミキティ、基礎体力をしっかりつけて、がんばれ〜! 
私はいつもアナタを応援してるよ〜♪

posted by み〜 at 19:16| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

エエーーッ!そうだったの!?

あーーん、窓ガラスを拭かなきゃいけないんですが
忘れちゃいそうなので書いておきまするぅ。

今朝ね、何気に家事しながら東海TV(フジTV系列)を見てたら

「峰竜太&立浪和義プロデュース 
 中日ドラゴンズ53年ぶりの日本一記念! 朝から忘年会」

  スペシャル企画<1>
  立浪和義選手率いる日本一軍団と「忘れられない忘年会」

  スペシャル企画<2>
  落合博満監督×峰竜太 日本一記念スペシャル対談


という番組をやっていました。
わたくし、昔っから阪神タイガースファンですので
他の球団のこういう内輪話を聞いてもなぁ・・・
と思いながら家事をやっていたのですが、耳に入ってくる話が面白すぎて
ついつい手を止めて見入ってしまい、大笑いしておりました。

この番組、たぶん、この地方でしか放送してないですよね?
でもこれ、全国放送して欲しかったなあ。
なんたって、あの日本シリーズのことなど、
今だから語れることを当事者である選手も監督も語っていましたからね。

で、きっと知りたいであろう方達のために(爆)
記憶のあるうちに書いておきます。

まず、司会は峰隆太さん、時々、そこにいたんかい!?
という間で口を挟んでいたのが加藤晴彦さん
ドラゴンズのベテラン立浪さんも番組のプロデュースに参加して
峰さんと一緒に進行役もやっていました。

で、登場していたのは 井端選手、荒木選手、山井投手、朝倉投手。
山井投手は、例の日本シリーズ最終戦、
8回まで完全試合をやっていて、9回に降板した投手ですよ!

覚えてますかぁ、みなさん!
ナゼ、完全試合をやっていた山井投手を降ろしてまで
抑さえのエース岩瀬投手を出したのかって、
他球団の監督、野球評論家が言及しただけでなく
たぶん、日本中のお父さま達、否、野球ファンなら誰でも
喧々囂々の議論を戦わせていたのではないでしょうか。
かくいう私もブログで「落合采配に参った!!」と頭を垂れたひとりです。

で、その真相はいかに・・・・?
本人が語ってくれたんですよ。
山井投手の指にできていたマメが潰れていたのはアトでわかったことですが
8回が終わったところでやっと森コーチが山井投手の所にきて
「どうする?」て聞いたのだそうです。
山井投手は本心ではまだ投げれると思っていたそうですが
自分が完全試合をやっているという意識よりも
この試合はどうしても勝ちたいという気持ちがすごく強かったので
「血も出てるし・・・」と間をあけたのち
「岩瀬さんに行ってください」と自ら言ったんだそうです。

「なんやあ、そんなら代えられて当然やなあ」(by立浪)

あの落合采配について、みんながアアダコウダと議論をして・・
それはそれでイイと思いますよ。
ひとつの事実からみんなが野球とは、将たるものは、決断するということは
といろんなことを考えて、学んだんですものね。
でも、えてして現場って周囲が思うほど複雑ではなくて
とても単純だったりするんです。

ふふふ、「山井投手はイイ奴だ」というのがこの座談会の結論でした。(笑)

朝倉投手の阪神戦での“汗だく連続11球ボール”にまつわる話も
試合を見ていた者にとっては面白かったです。
井端選手いわく「あれは極度の脱水症状やったな」ですって。
声をかけにいっても
「視線を合わせないし、俺の話、全然聞いとらへんし」
暴飲暴食に気をつけましょう!朝倉投手!(爆)

後半の峰さんと落合監督との対談も面白かったですね。
今シーズンのチーム内MVPは誰に・・・
というコーナーで、日本シリーズの最後の試合で
8回まで完全試合をやっていた投手のアトを引き継ぎ
たった3人で9回を抑えた
あの試合ひとつを見ただけでも岩瀬投手でしょ。
という落合監督の言葉に烈しく頷きましたよ。
正直、阪神戦では、「岩瀬なんか怖くないモン!」と強気発言しておりましたが
あの時、ポーカーフェイスで3人で無事に抑えきった岩瀬投手には
本当に心から拍手をおくっておりました。
「うーーーん、久保田や藤川じゃあ、あんな事はできんよね。
 絶対、打たれとるわ」
と家人と言ってましたもの。

余談ですが、
先日の北京五輪アジア地区予選突破を決めた試合で
ノーアウト満塁でスクイズさせた
星野采配を誉め讃える論調が多いのですが
ワタクシ、本当に誉め讃えるのはスクイズバントを決めた選手だと思うんです。
あの場面でスクイズがあるかもしれないと思っていないと
突然出されたバントのサインにキッチリこたえて
見事に成功させることなんて絶対できませんって!
少なくとも今年の阪神の選手だったらバント失敗していたでしょうね。(笑)

元にもどって、今日の番組でホッホーー!と思ったことは・・
そそ、同じく日本シリーズの第何戦でしたか、周囲の予想に反して
小笠原投手を登板させたのも
実は予定していた選手が肩が痛いと言ったからなのだそうです。
これも今だから言える当事者の本音ですよ〜。
あの時も落合采配はスゴイって言ってませんでしたっけ?(笑)

それからね、今年一番きつかった試合は?
と聞かれて落合監督が「中国戦」と言ってたのにも頷きました。
エエエーーーッ! 初めて日本が負けちゃうの? イイかのよ〜?
まあね、日本一になったアトでテンション保つのムズイよなあ
とご同情申し上げておりましたから。
でも、結局は勝ってアジア1位になりましたよね。
プロもない中国に負けたら歴史を作ることになる
そんなことになったら、今年のことが全部ぶっ飛んじゃうぞ。
落合監督ほんとうにビビっていたそうですよ。

ドラゴンズファンだけでなく、野球ファンなら
きっと面白くご覧になれたでしょうね。
阪神ファンの私でも、この人達、オモシレ〜!!
これからドラゴンズも応援しようかなあ。
な〜〜んて不謹慎なこと思ったしね。
(井端選手ったら、落合監督の丸坊主頭が目に入った途端
 目の前で大笑いしたんですって。
 落合監督の目の前で大笑いできるのはオマエだけや・・と言われてました。)

あーーあ、勿体ないなあ。
フジTVさん再放送しませんかあ?
まあね、日頃のスポーツニュースを見てると
東京のTV局はN局だけでなく全ての局が「@人ファンかよ!」
と思えてしまうくらい偏ってますからね。
まあしゃあないか...



posted by み〜 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

SP…個人的雑感ですが

おはようございま〜す!
わたくし、昨日が仕事納めでございました。
今日から年末年始休暇で〜す! ワーイ!ワーイ!

まだ全然手を着けてない年賀状とかぁ、大掃除とかぁ・・・
は明日から取りかかることにして
今日は夜、名古屋で忘年会(3回目)があるので
その前に、しばらく振りに、ちと名古屋をなるべく金を使わずに
フラフラとしてこようと思ってます。

パートとは言え、久し振りの週5日勤務を2ヶ月続けてきて
長期休暇がこんなに嬉しいモノだとは・・・・。
先日の「ちりとてちん」ではありませんが
暇なときはまじでマイナス思考になりますから、
少しでも働いてマイナスをプラスに転換し
<死ぬまでにしたい10のこと>をひとつずつ実現させようと
自分を奮い立たせているのですが・・・
人間、何もかも順調に行くってこたぁないっすね。

まあ何はともあれ、長期休暇バンザーーーイ!!

ええーーーっと、ところで、、、、
やっぱり、昨日見たフィギュアスケート・SPについて
GPファイナルも交えて個人的な雑感を書いちゃおうかなあ・・
(きっと反応してくださる方がいらっしゃるでしょうが。。(^_^;)

GPファイナルに出場できなかったミキティも
やっとSPで今シーズン、満足の行く結果が出せた真央ちゃんも
見事3位に返り咲いた村主さんも
・・・・・簡単に言うと・・・良かったですね〜!!!

3人とも違う世界を持っていて、それぞれの個性が十分に出てたと思います。
ミキティは相変わらず、最初からグイッと
空気を彼女の回りに引き込む力はさすがでした。
NHK杯の惨敗した彼女。
きっと精神的何かがあるのだろうとオバサンは心配してましたが
まずは、何かが吹っ切れたのか・・・。
美しい体型を保つ為の弊害で現れてきたのか、肉体的故障が心配ですが
今日のFPもぜひぜひ、頑張って下さい!
個人的には一番応援したい選手ですから。

村主さんは・・・
やっぱりコーチを外国人の方になさったのね。
昨年までの彼女のスケート、表現力はバツグンにあるけど
技術とか演技構成とか、もうひとつ洗練されてない気がして(失礼!)
コーチをお代えになったら良いのに・・・・と内心思っていたので、
ホッホ〜!!と思いました。
このままでは終わりたくないというベテランの心意気には
心から拍手をおくります。
が、ほんと、個人的な感情ですが私の好きなタイプの
フィギュアスケートではないのが残念。
でも、きっとお話すれば、とても仲良しになれるだろう
と変な自信はありますが・・・なんじゃらほい!(爆)

真央ちゃんのSPの曲目って・・・今頃気がついたアホな私ですが
映画「ラヴェンダーの咲く庭で(Ladies in Lavender)」の
“バイオリンと管弦楽のためのファンタジア”(ナイジェル・ヘス作曲)
だったのね。
どこかで聞いた曲だと思っていたのですが・・
今シーズン、うまくいかないSPのために
気分を変えるためにお姉さんの控えの衣装を借りて登場した昨日
その薄いラヴェンダー色の衣装を見た瞬間、
私のオバカな灰色の脳細胞もピピピと反応しちゃった次第でした。

映画では最後のシーンで、
記憶を取り戻し、オーケストラと共演するバイオリニストの演奏を
暖かく見守る二人の年輩の女性の姿とともに、
その旋律、演奏が胸に迫ってきて滂沱の涙を流した曲です。
(映画の感想は こちら )

真央ちゃん、よくあんな切ない曲を選びましたよねぇ。
演技が全て成功すれば、効果的な曲なのですが
失敗するば、それこそ見てるほうも切なさがつのるばかりで・・・
昨日は全てはうまくマッチングして優雅さが引き立っていました。
今日のFPはとっても楽しみです。

が、ほら、個人的感想を言わせてもらうと
真央ちゃんの衣装、FPのほうが私はあまり好きではないのです。
曲目もショパンの幻想即興曲であまりにも知られすぎているし・・
今日のFPの衣装はそのままなのでしょうか?

それにくらべてですね、GPファイナルの時のキム・ヨナ選手
わたくし、正直言って、感服いたしました。
身体の造形、滑りの優雅さから見ると
真央ちゃんとキム・ヨナさんは同じタイプのスケーターだと私は思うのですが
昨年までのキム・ヨナさんは、もうひとつセンスが欠けていて
真央ちゃんのスケートのほうが好きだったんです。

それが今年、彼女、コーチが5人もついたいせか(通常は2〜3人)
苦手だと自ら言っていたジャンプも美しく見事に決まっていたし
スピードもあったし、「ミス・サイゴン」の曲に合わせて
表情だけでなく身体全体でチャーミングな彼女らしさを魅せてくれました。
キム・ヨナさんはこの1年間で
真央ちゃんの成長を上回る成長をしたのだな〜って感じたオバサン。
本当にキム・ヨナさんのFPには感動。
アッパレ!!と心から拍手をしておりました。

真央ちゃんもね、言葉で言いにくいんですけど
もうひとつ何かが欠けてる気がするんです。
それはある意味、映画「ラベンダーの咲く庭で」で
マギー・スミスやジュディ・ディンチが魅せてくれた
“年配の女性に備わっている
 彼女が生きてきた人生から与えられた豊かな味わい”

のひとつなのかもしれません。
それをいつか真央ちゃんが自分で見つけ出した時、
本当にフィギュアの女王となれるのではないでしょうか。

アハハハ・・・すんまそん、
個人的雑感というより老婆心だったかしら?(^◇^;)




posted by み〜 at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

サラ・マイヤーのフリーの曲

さっき、TVでフィギュアスケートのフリーを
合唱練習のMD録音を聴きながら見ていたのですが
女子、スイスのサラ・マイヤー選手の曲に
聞き慣れたメロディーが・・・

うーーーん、新実先生の「われもこう」によく似てるなあ
世の中には、そういう似た曲もあるんだろう・・・
したら、続いて聞こえてくるメロディーも聴いたことあるぞぉ!
うへっ、そのバイオリンの旋律は・・・
まさに新実先生の「魂の舟」の「悼歌」じゃん!

もしかしたら、最初に説明があったのかもしれませんが
わたし、聞き逃したかも。
どなたか、聞かれた方、います? ^_^;

もしかついでに・・・
去年の私達の演奏会で両方聞いて、エエ曲やん、これ使おう!
てなこた・・・・ないわなっ。o(≧∇≦)o

posted by み〜 at 00:52| Comment(7) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

ドラゴンズ日本一おめでとう!

ドラゴンズ、53年ぶりの日本一になりましたね。
(関連記事・・ ここ ここ ここ ここ

おめでとうございま〜す!!

私は今日は最後2回を見ていただけでしたが
8回までパーフェクトピッチングをしていた山井をさげて
9回に岩瀬を出してきた落合監督の日本一に対する執念に感服しました。

私はてっきりそのまま山井を使うと思っていたんです。
だって、8回までパーフェクトなんですよ。
それを勝負に徹して押さえの仕事人・岩瀬を使う。
それはそれで賭だとは思いますが
落合監督、やっぱり非情の勝負師でんなあ。
4年間でホント、監督として成長なさったんですね。
いやはや、私は勝負のというものに対して
まだまだ考えがアマイ、アマイ。

ペナントシリーズの試合なら、そのまま山井に投げさせたでしょうね。
が、短期決戦では1勝のために戦い方を変えてくるのも将の技量。
そんな将についていけた選手達もアッパレでした。

最後の9回表、ドラゴンズの守備陣の表情、
ベンチの選手やコーチ陣、監督の表情も面白かったですよ。

アンド、歓喜のドラゴンズを見守る
日ハムの選手達の表情も興味深かったです。
私はどちらかというと、日ハムの選手達の気持ちに入り込んでいたかも。

さあ、阪神も来年はガンバロ〜〜!!!


(蛇足その1)
明日から名古屋は
どこもかしこもバーゲンで賑やかですわよ〜
我が家にも昨日M越デパートに入っている某ブランドから
5日間10%引きのお知らせ手紙がきました。
このさい、10%といわず20〜30%引きにしませんかぁ?

(蛇足その2)
先日のM団の合宿で
ドラゴンズの選手のテーマ曲はぱっとしない短調が多い
なんたって球団の応援歌「燃えよドラゴンズ」も短調だし
という指摘があり、
うーーん、きっと悲壮感が出てるんじゃないかなあ
との結論でしたが、53年ぶりの日本一でその悲壮感も消えたかしら?
posted by み〜 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ガンバレ〜!阪神!

070925.jpg

昨夜の“中秋の名月”は見事でしたね〜。
煌々とした光が、夜中まで部屋の中に入り込んできたので
電灯を消して、月光を楽しみました。
千年前の人達は、もっと趣向を凝らして楽しんだのでしょうね。

それにしても、最近の阪神タイガースは元気がありません。
6連敗しちゃいました。
藤川が2試合続けて打ち込まれてしまって...ww
疲れてるでしょうねぇ。
ここはひとつ、どこかで、気持ちを入れ替えて
頑張って欲しいものです。

ガンバレ〜〜!!! 阪神タイガース!!
posted by み〜 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

スポーツも暑い!

kenta070918_1.jpg

おはようごじゃいます。
朝の儀式中のケン太です。

今日も最高気温予想が30℃を越えてるらしいですよ。
いつまでも暑いですなぁ。
昨日なんか、日中は涼しい1Fにおりましたです。

さてさて、気温だけじゃなくてスポーツの世界も暑いっすね。
昨日の世界柔道、やっと日本は金メダル3個ゲット!
谷さん、塚田さん、棟田さん、おめでとうございま〜す!

棟田さんが畳に上がるとき、出るときの礼の形、
素晴らしいですネ〜!
オッカサンも感心してまスたよ。
足を揃え、両手をピタっと腿につけ、ゆっくりお辞儀。
シャッシャッと終えてしまう選手がほとんどなのに
あの時点で心に余裕が感じられまスた。
武道は礼に始まり、礼に終わる。
棟田さんがそれを体現してらっしゃるんですね。

もちろん、棟田さんの技にもビックリです。
決勝戦、何度も同じ技をかけてくる相手に対して
その都度、あの大きな体で逆さになりながらヒョイとかわす姿
とっても格好良かったですぅ!
きっと棟田さんの姿に猫たちもまっつぁおだったことでしょうネ。

塚田さんは、勝負にかける執念が凄かったです。
その姿、大きなからだだけど、とっても可愛かったです。

谷さん、ヤワラちゃん! 
インタビューを受けながら大泣きしてまスたね。
これまでいつも有言実行してきたヤワラちゃんだけど、
本当はすごいプレッシャーだったんだろうね。
オッカサンも貰い泣きしてまスた。

今回はどの試合にも気迫が満ち、集中力がすごかったので
負ける気がしなかったってオッカサンが言ってまスよ。
それに、相手が技をかけると、すぐにかわすだけじゃなくて
瞬時に次の技をかけ続ける、動物の本能のような対応力。
あれがベテランの経験力なんでしょうね。
まさに試合巧者だ!ってオッカサンが唸ってまスた。
あっぱれ〜〜!!

そそ、プロ野球もまだまだ三つどもえでスゴイことになってますね。
昨日の甲子園球場、ほとんど阪神ファン?
オイラも応援に行かなきゃいけねぇべか?
posted by み〜 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

シーソーゲーム

昨日の阪神VS巨人戦はすごかったですねぇ。
取ったら取り返すのシーソーゲームで
どちらのファンも燃えたというか心臓が痛かったというか...

攻撃パターンにあんなにハッキリとチーム色の違いが出たのも面白かったですね。
ソロ・ホームランで点をとりまくる巨人パターンも野球だし
フォアボール、バント、ヒットで
繋いで繋いで点を取る阪神パターンも野球なんですよね。

それにしてもピッチャー・ボーグルソンのバントは上手かった!
同じチーム内の野手よりも上手かったですね。
思わず「上手い!」パチパチと手を叩いてしまいました。
まあ、彼のピッチングはあんなもんで、、、、
久保田もね、、、やっぱりか、、、って感じなのが悲しいけど
でも、小粒だけど打線にネバリがあるから諦めないじょー!

一昨日はシーツのヒットでサヨナラ勝ちしたんですが
シーツに関して、あのヒットよりも
3塁守備で見せた横飛びつき好守と
そのアトの1塁への遠投ストライク送球はブラボー!!ものでしたよ。
あれでアウトを取らなかったら、
相手に点が入って負けていたかもしれませんからね。

エラーをしない! フォアボールを出さない! バントを決める!

地味だけど大事なことだなあって最近の阪神を見ていて思います。
もちろん諦めない精神や
明るい雰囲気(点を取った時の岡田監督の笑顔がグー!)も大事ネ♪

そそ、ここ数試合の上位3チームの戦いを見てると
天王山がいくつもあるみたい。
リーグ優勝する時は、絶対にこの試合は落とせない!
というターニングポイントになる試合があるものですが、
今年はそれが毎日続いている・・・ような気がしませんか?

さあ、今日もガンバレ〜!!!

posted by み〜 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

へえ!へえ!へえ!

野球の話題を2つ・・・

★ひとつめは・・・これって野球の話題かなぁ?合唱の話題かなぁ?

甲子園の高校野球「金足農 VS 大垣日大」を見てました。
と言っても私は14日から行くTDSの予習をしながら見てたので
それほど集中はしてなかったのですが・・・。

春の選抜で準優勝した大垣日大の夏の甲子園第一試合。
さすがにちょっと堅かったですよね。
それに序盤で大垣日大の選手の打球が金足農のピッチャーの鎖骨を直撃。
ピッチャーは担架に乗せられてそのまま病院へ。

結果的には骨に異常はなかったそうで、ホッとしましたが
こういう時、両校のベンチに漂う空気はただならぬモノがあったと思います。
その空気を払拭するのも、利用するのも監督の手腕。
そういう意味で、やはりベテランの大垣日大の監督さんに歩があったのかな。

もちろんそれに応える選手の能力もあると思いますが
大垣日大、森田投手の投球は尻上がりに力強くなり
目を見張るものがありました。
アッパレ!森田君!

で、私がビックリしたのはそのアト、
勝ったチームの校歌が流れ出したときです。
すっご〜〜くローカルな話題なのですが
なんと、大垣日大の校歌の作曲者は“水谷昌平さん”なんですね!

「へえ〜、あの人、合唱指揮だけじゃなくて作曲もするんだぁ!!」

と家人と顔を見合わせてしまいましたわん。
私と家人は名古屋の大学時代から合唱をやっており
その当時、水谷先生の指揮で二度ほど歌ったことがあるんです。
もちろん名古屋の某男声合唱団の指揮者として
東海地区の古い(笑)合唱人には有名な方ですし・・・

そういう方の名前を突然TVで見たので
ビックリシャックリ(←死語?)だったのですが
それって東海地区の合唱人のみなさま、ご存知でしたか?

★ふたつめ・・・阪神タイガース!

イエ〜〜ッ!! 
私が先日ここでぼやいてから、
ナゼか阪神たら調子イイんですぅ♪ 嬉しいですぅ♪
巨人相手に15点も取っちゃうし
(一度に取りすぎ! もっと間引いて、間引いて!)
2位の中日さんともチョイ差になりました。

が、あんまりここで喜んではいけません。
こちらの順位 をご覧になってくださいまし。

失点は6チーム中、一番少なく、防御率も2位なのは良いのですが
得点も打率もブービー賞、本塁打数はビリ。
いかに打てないか、つーことですよね。
それに比べて1位の巨人は・・・
得点なんて阪神より131点も多いし、本塁打数も阪神の2倍!
どうやって追いつけって言うんでしょうねぇ。

でもね、諦めてませんから。
最近、若いの出てきて、打つようになったし
最後はパリーグのように上位3チームによる決戦があるし。
がんばれ〜〜っ!! 阪神タイガース!!!

posted by み〜 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

狐につままれたような。

ふむっ。今年は阪神、前半にこけてしまって
なかなかAクラスに上がれません。
それでもオールスター戦後は調子良くて、
このまま最後まで突っ走って欲しいものです。

それにしても、昨日の試合、ピッチャー・ボーグルソン。
私は名古屋ドームで観た試合を思い出してイライラ。
魔の6回、ボールが先行しだし、自滅の雰囲気。
案の定、満塁ホームランを打たれてしまって・・・
もっと体力的にも精神的にもタフになって欲しいものです。

家人が、自分が観てると負けると言って一度はTVを消しました。
が、また何やら下でTVの音がすると思ったら
どうやら阪神、勝ったようです。ウッソーー!!(^◇^;)

それが、何かキツネに摘まれたような勝ち方?
詳しい状況は こちら とか こちら を観て頂くとよいのですが
9回表、ヤクルト5点対阪神6点
ヤクルト2死でランナー3塁、カウント2S1Bで
4球目のフォークボールをキャッチャーが後逸。
が、バッターは空振りを取られていました。
で、ボールが転々としている間に3塁ランナーは帰ってきたのですが
キャッチャーがボールに触っていないのでインプレーのまま。
この場合、バッターは1塁に走らないといけないのだそうです。
バッターはそれに気づかずに走ってなかったので
ボールを拾ったキャッチャーが1塁に送球してバッターランナーアウト。
で、この場合は3塁ランナーの生還は認められないのだそうです。

よってスリーアウトになって阪神の勝ち。
何だかわからないけど喜ぶ甲子園球場の阪神ファン。
我が家でも、二人でああだこうだと言いながらも
「サスガやね矢野。
 つーか、誰か1塁に投げろって言ったんやろか?」
うーん、野球のルールはわりと知ってるつもりですが
時々こういう「へ〜〜っ!」というルールがあります。
咄嗟に判断できる選手はやっぱスゴイ!っすね。

余談ですが
なんだかんだ言ってもNHKの朝の連ドラは見てます。
今週は遠野地方が出てきて
以前、柴田南雄さんの「遠野遠音」を歌ったこともあるので
座敷わらしの話も「知ってる知ってる、懐かしっ♪」て感じで見てたのですが
宮沢賢治の「風の又三郎」の又三郎が登場してきて彼の名前に思わず反応。
又三郎って本名は高田三郎なんですね。(小学生の頃、読んだはずなのに記憶にない。)
合唱人ならすぐ反応しちゃいますよね。
作曲家の高田三郎さんと同じ名前だーーっ♪ (^◇^;)

ついでに蛇足ですが
私が以前働いていた会社の元上司は家人のことを
「銀河鉄道スリー9」さんと呼んでました。f(^ー^;

【今日の高山植物】
kurobetateyama22.jpg
(シナノキンバイ?)
posted by み〜 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ビリーズブートキャンプ1日目

おはようございますぅ。
今日も絶好の洗濯日和。布団干し日和ですね。

さてさて、恥ずかしながら、我が家にもビリーがやってきました。
昨日は、午前中で何やかやとバテていたのですが
エイッ、こうなったらバテついでだっ!
ということで、早速第一日目のDVDにチャンレジ!

さすがに、初心者ゆえ、ビリー・バンドはつけませんでしたが
準備運動なしで、いきなり見よう見まねのチャレンジはチト無謀でござった。

55分間、クールダウンの歩行はあるものの、休憩皆無!
TVを見ながらなので、左右がアレ?ってなるし
手や上半身の動きにはついて行けても
リズミカルな足と腰の動きも一緒となると、???状態。
開脚状態で前屈し床に頭をつけて・・・・
と言われるままにやると、TVがまるで見えなくなり
「で、次はどうするのよ?」状態。(^◇^;)

おまけに足元には興味深そうに私と並んで画面に見入ったり
遊んで貰えると思ったのかゴロゴロ寝転がるケン太がいて踏みそうになるし
(確かに少なくとも1度は彼のシッポを踏みました。ゴメン。許せっ。
 そのうち、遊んでくれないし、危ないということがわかり、いなくなった。)
しっちゃかめっちゃかになりながら、でもビリーに
「君はどうかな?」「声を出して〜!」「ガンバレ〜!」「グッドジョブ!」
と話しかけられるので、汗ビショになりながら
ビリーの後にいるお姉さんと一緒に「イエーーッ!」と叫びながら
なんとかついて行けるところまではヤッタ。つもり。。。

でもね、正直、腹筋を使うエクササイズは
連続腹筋50回くらいヘッチャラ! という人じゃないと無理ですね。
後半にそのエクササイズがあるので、ついて行けなくなって
もうここで今日はやめようかと思ったのですが
ビリーにも励まされるし(爆)
「ここで諦めたらダメダメ!!」と自分で自分に言い聞かせ(笑)、
なんとか最後のクールダウンまでやり遂げました。はーーぅ。
(最後のクールダウン、先日、BCJの鈴木雅明さんに教えてもらった
 西野式呼吸法にとってもよく似ていましたよ。)

う〜〜〜ん、昨日から太腿、たぶん内転筋が痛〜い!
膝を軽くまげてやるエクササイズと 蹴りのせい・・・たぶんね。
でも、今日もまたやりますよ〜〜!!(キッパリ)
今日はまず、足と腰がわかりにくい動きのエクササイズをスローで見て
それだけ重点的に練習してからチャレンジするつもり。
ビリー・バンドを持つのはたぶん明日からになるかなぁ。
エクササイズの成果に自己満足するためには、
たぶん1枚目のDVDだけで4日間かかるかもしれませんネ。

そそ、ビリーの後にいるお姉さんたち、鍛え上げた肉体で
腹筋なんかスゴイし、動きもリズミカルで素晴らしいのですが
たまに、「アンタそれ、怠けてない?」という画像アリです。
それを画面に向かって突っ込むのも、またイトオカシ。でござるよ。
噂に聞いてたけど、やっぱビリーのインストラクターぶりが最高だしネ。
きついけど、楽しい♪

ちなみに、タイトルには1日目と書いたけど
毎日報告するつもりは・・・今のところありません。ハイ。

posted by み〜 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

逆転負け。(T.T)

nagoyadome070419_1.jpg

昨日の阪神対中日の試合は、結局7対1では勝っていたのに
7対9となり、阪神が逆転負け。。。ガックリ。ヾ(_ _。)
けっこう長い試合で家に辿り着いたのは午後11時前

まあでも、ホームランこそなかったけど
お互いに点の取り合いで
盗塁に、併殺に、エラーに、ワイルドピッチに、
デッドボールに、川上の右足負傷に、矢野の急所直撃に
と、盛りだくさんのショーを
↑のようなオイシイ席で見せていただき
大変満足いたしました。

阪神ファンの応援もすごかったです。
見に行くまえは、きっと私は冷静に客観的に見るだろう
と思っていたのが、今朝起きると、喉が痛いんですけど...ww
バックネット裏で、中日ファン、阪神ファン、入り乱れていましたが
お互い、認め合うところは認め合い、
味方でも不甲斐ないシーンには憤りながら応援してましたので
ノープロブレム。

一緒に見に行ったのは中日ファンの友人(女性)。
川上が右足に打球をあてたシーンでは友人いわく
「ケンシンは調子悪いで、ついでにファームで調整するだわ!」
 (きっつーーー!)

阪神ファンの私。
5回、突如コントロールを乱し、ばかばか点を取られるボーグルソンに
「ストライク入らんやん!
 勝ち投手の権利ったって、やっぱチームが勝たないかんやろう!
 岡田監督、いつまで我慢して使っとんねん! 
 早く替えろ!替えろ!」

前半は阪神ファンが「キャーーーッ!!」
後半は中日ファンが「キャーーーーッ!!」
「ヨシ!」だの「アホ!」だの「アウト!」だの「セーフ!」だの
叫んでいたら、喉も痛くなるわなぁ。
オマケに私の友人たら、悔しい場面では椅子に
ドーン!と背中から倒れ込むので、その度に私はヒヤヒヤ。
(オイオイ、椅子を壊すなよっ。。。ww)
いやいや、久々の野球観戦で興奮いたしまスた。

えっと、印象に残ってる選手についてチョコっと書くと

福留は打たなかったけど、なんかやっぱオーラがあるね。
岩瀬が出てくると、ああ、もうダメだって思うし。
荒木のテーマ曲ってヘビメタ? めっちゃ格好いい!
立浪、英智はいい所で決めてたけど
正直、立浪は最初タイミングがあってなくて年齢を感じたし
英智の最初の空振りはどうよ? 脇が甘くてプロ野球選手に見えなかった。
会場中が笑ってたし。。。(^◇^;)
けど、やっぱなんか、あの二人は見せてくれるんだよね。

金本アニキ、矢野、あーーあ、期待してたのに。。。
久保田・・・結構イイ球投げてるように見えるのに打たれるんだよね。
球が素直すぎるし、打つ気まんまんの打者に初球ストレートはどうよ?
濱中ちゃ〜ん、あのライナー性の打球、取って欲しかったじょ。
今岡は期待通りの活躍で嬉しゅうございました。
ウィリアムスをどうして出さなかったの?
藤川・・体調不良で帰っちゃうし。。。涙。
岡田監督ぅ!!!・・・・・・絶句。。。。

ナゴヤドーム・・・どこからも良く見えるイイ球場だと思います。
みそ串カツ・・・甘めだけど、焼きそば・・・辛目ソースだけど
美味しゅうございました。

そそ、デッドボールって、「オオ〜ッ!」って
一瞬、球場全体がスゴイ空気になりますね。
ピシピシピシ・・・・・あの緊張感もたまんないっす。

たまにはプロ野球を生で観戦しましょう!
posted by み〜 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。