2011年09月20日

木曽川もスゴイ!

NEC_0835.jpg


見にくくてすいません。
午後5時過ぎ、犬山橋から上流を見た図です。
スゴイ水量でした。
(名鉄電車の中から慌てて撮影)

追記
いつもなら、川の中にいくつか岩が見えるのですが
今日はひとつも見えませんでした。
犬山橋下流の河川敷にある遊歩道も
見えなくなっていました。

追記その2
また雨が激しく降ってきました。
ツイッターでは紹介しましたがこちらにも
国土交通省 木曽川上流河川事務所による
「犬山市 継鹿尾地先 木曽川左岸59.6Km 犬山」
の画像データが見れるサイトを貼っておきます。

こちら


posted by み〜 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

季節外れ?

NEC_0823.jpg


日陰に移したバイカウツギが
一輪だけ花を咲かせました。
今いちばん好きな花です。
posted by み〜 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

旭山動物園の仲間たち(その1)

遅くなっちゃいましたが、
8月8日(月)念願の旭山動物園を訪れたときの記録をアップしておきます。


その日は月曜日にも関わらず、夏休みということもあって正門前の駐車場は満車。
ぐるっと回って動物園で一番高い位置にある東門前に駐車して入園しました。
北海道だというのに、その日は午前中から30℃を超えていて
炎天下の中、階段を下りるだけで汗ダラダラ。

まずは、くもざる・かぴばら館

asahiyama01.jpg

私たちのすぐ頭の上で得意げな「くもざる」さん。
お願いだから、そこで〇△〇をしないでね
と願いながらカメラを向けました。


asahiyama02.jpg

「くもざる」よりもシャイな「かぴばら」さん
奥で静に、遥か彼方の故郷に思いを寄せているようです。
意外と彼はデカかったです。体長50cmはあるような3頭身?


asahiyama03.jpg

地味ぃぃな雰囲気の檻が続きます。
はい、こちらは優雅なダチョウのペア。


asahiyama04.jpg

アップにすると、つぶらな瞳がカワイイ♪


asahiyama05.jpg

ダチョウは私たちが手の届く位置までこれるので親近感があったのに
隣のペリカンは奥のほうに陣取っていて遠いんです。
「ふん、どうせアタイたちは・・・」という空気が漂っていました。


asahiyama06.jpg

そんな彼らの精一杯のアピール? 
羽根を広げたドヤ顔・・・には見えないか(苦笑)。
でも羽根を広げたら、けっこう大きかったですよ。
左右で1m以上あったんじゃないかな。


asahiyama07.jpg

「さあさあ、アナタ、もういいわよ、あちらに行きましょう」
そそくさと退場していくペリカンさんなのでした。
お元気で♪


asahiyama08.jpg

さて、お次はキリンさんです。
長い足で歩く姿、優雅な首筋、芸術的な網目模様、大きな瞳・・
やっぱりキリンは動物園の人気者だわ。
ラッキーなことに、モグモグ(食事)タイムにガチンコ。
二匹が揃ってます。


asahiyama09.jpg

今日は帯広畜産大学から研修生のお姉さんがきていて
キリンについての説明が始まりました。
「もう、そんなお話はいいから、早く食べさせてちょうだい!」
そんな声が聞こえてきそう。


asahiyama10.jpg

はい、キリンさんのアップです。
やっぱりカワイイわねぇ。アップに耐えれるお顔はさすが!


asahiyama11.jpg

もっとアップしちゃいます。
長くて密な ま・つ・げ


asahiyama12.jpg

うなじだってサバンナ1の色っぽさですわん。


asahiyama13.jpg

葉っぱを食べるときは、蛇のように長い舌を
ニョロ〜と出して巻きちぎるのです。
あれ? 写ってないじゃん! すんまそん。

キリンさんのところで長居をしたので、もう行くね〜バイバイ。

次は動物資料展示館へ向かったのですが
その途中に「スズメ・カラス」という檻が・・・?
巷でいやというほど見るのでここではパス。
でも、北海道旅行中、スズメやカラスを見たら、
「旭山動物園から逃げてきたヤツだね。」と言ってました。


asahiyama14.jpg

これはたぶんオジロワシ。
いや〜、デカかったですよぉ。
檻の中にいるのが気の毒なくらいデカイ!

と、中途半端ですが、今日はここまででオシマイ。
明日は、筒状になった水槽を上へ下へ泳いでいく「あざらし」さんからです。










posted by み〜 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

古布好き

oldfabric01.jpg


さてさて、こちらは昨年、雑貨pandさんから分かれ
岐阜市内でも昭和の薫りが色濃く残る金屋横町に
民家を生かしたショップをオープンした
「honda」さんで手に入れた古布を使ったミニ座布団

サイズは42cm×27cm×3cm
なんと、1860年頃の日本の織り布だそうです。
キリムだったら完璧にレアなアンティーク。
私のテキスタイル好きはミナだけではありません。
キリムやバティックの古布も大好き。
サイトでこの画像がアップされたのを見て
すぐに「欲しい!」と思って翌日には「honda」へ。

確かに黄色いシミはあるのですが
これくらいの古布ならあって当然くらいで
ほかにホコロビもヘタリもなく
イギリスの某ブランドを彷彿させる格子柄は
それよりも、しっかり歳を重ねた民芸の力強さを感じます。

そんな古布をこのサイズの座布団(というかクッション)に仕立てた本田氏に拍手。
今、我が家では二つ重ねて私の枕になっています。
硬さも大きさもグーで、懐かしい安心感に包まれて眠れるから不思議。
ぜひ、また古布でこのサイズのクッションを作って欲しいものです。

そそ、これを手に入れた足で名古屋のピエニにさんへ行き
そこでお見せしたら、彼女もお気に召したようで
すぐに「honda」へTEL注文してましたよ。
使い心地はいかが?



posted by み〜 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリア&雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

18歳になりまスた。

kenta1107.jpg


おひさしぶりです。
みなさん、お元気ですか?
オイラは7月で満18歳になりまスた。
人間に換算すると88歳だそうです。
「おお、米寿だね! お祝いしなきゃ」
って、オッカサンが言ってまスたが、
お祝い、まだしてもらってませ〜ん。
アレ、この間食べたお魚がそうだったのカモ。

そそ、オイラ、最近モウロクしてきたって言われます。
 階段を下りるとき、後ろ足をぶつけたり
 オッカサンのベッドに飛び乗るのに失敗したり
 トイレじゃないところでウンチしたり
しょうがないじゃんねぇ。

なんだか、不順な天候の夏だけど
放射能も気になるけど
なんとか乗り越えていこうと思ってます。
ではでは バイバイ。

posted by み〜 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のケン太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

ミナ・ペルホネンWebサイトがリニューアル

ひさしくブログを書いておりませなんだ。
といっても、今回もお知らせ程度で
ブログとしての中身は貧弱ですが(汗。)

さて、ミナ・ペルホネンのWebサイトが大幅にリニューアルされ
ショッピングもできるようになりました。

ミナ・ペルホネン

これで、東京や京都の直営店に行かなくても
「New arrival」の洋服や小物が買えるので嬉しいですね。
試着できないのはコワイですけどね(苦笑)。


Webサイトとは直接関係ありませんが
昨年12月と、今年6月に我が家にやってきた
ミナのウサギさんたちです。

usagi01.jpg

この子達、体長約50cmと意外と大きいんですよ。
ふたつとも 雑貨pandさんでゲットしました。
仲間を増やしていきたいなぁ。


こちらはミナのテキスタイル「papaver + choucho」をマイルームの壁に

papaver01.jpg

アンティーク・キリムクッションとの相性もグーです!



posted by み〜 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

2011年05月22日

今ごろですが、、うちのチューリップ

もう1ヶ月も前の画像ですが、
記録のためにアップしておきます。


mytp1101.jpg
ユリ咲き系の「アラジンズレコード」
ぱぁっと開いちゃってますが..


mytp1103.jpg
こちら閉じてる「アラジンズレコード」


mytp1104.jpg
ピンクのユリ咲き系「コンプリメント」
パンジー「ももこ」と一緒に植えました。


mytp1105.jpg
黄色のユリ咲き系「フラッシュバック」
うーん、インパクトありますよね。


mytp1106.jpg
こちらは白のユリ咲き系「サッポロ」
紫系のビオラ&パンジーと一緒に植えました。


mytp1107.jpg
上のふたつを一緒に撮影


mytp1108.jpg
こちらは個性的な「ガボタ」
昨年植えたものから球根で増やしました。
まあまあの大きさ。


mytp1109.jpg
八重咲き系の「ブルーダイヤモンド」
わりと早い時期に咲いたと思います。
芍薬っぽいですよね。


mytp1110.jpg
こちらもユリ咲き系かな「ホーランドシック」


mytp1111.jpg
「ピンクリボン」



mytp1112.jpg
蕾の「初桜」
去年植えた球根から増やしたのですが
球根の成長があまりよくなかったので
1個だけしか咲かなかった。


mytp1113.jpg
こちらは大輪八重咲き手のひらサイズの「イエローポンポネット」
まさに黄色い芍薬のようです。
見事に咲いていたのに、ある日帰ってきたら2個がポキンと折れてた。
昼間突然降った雹のせいなのか、前の家の子がボール遊びをしてて折ったのか。。


mytp1114.jpg
八重咲きですが、もう少し背の低い「モンテカルロ」
こちらも去年のものから球根を増やしたのですが
球根が大きく育っていたので、去年のものと遜色がないくらいでした。


mytp1115.jpg
こちらはフリンジ系の「ハウステンボス」
開花時期は遅めでしたね。
パンジー「オーシャンブルー」との混植でしたが
とっても相性が良かったです。


mytp1116.jpg
期待はずれだったのがこの「フルーツカクテル」
房咲きのチューリップは、肥料食いなんですかねぇ。
いまひとつボリュームがなかったです。


mytp1117.jpg
それにくらべて美しかったのが
なばなの里でも咲いていた「センシュアルタッチ」
気品漂う芍薬のよう。
ところが、この子も、出先から帰ってきたら
2本、花がポキンと折れていたんです。ショックー!!!

その日ですよ、あんなに高いコンクリート塀を越えて
我が家のべランダに硬式テニスボールが3個も転がっていたのは。
犯人はわかっていますからねぇ。。


mytp1118.jpg
こちらも八重咲き系の「クリームアップスター」
花びらの枚数が少ないのはやはり肥料が足りなかったから?
でも儚げな色合いが美しい。


mytp1119.jpg
こちらも同じ「クリームアップスター」


mytp1120.jpg
なばなの里にも咲いていた「アーティスト」です。


あと少し、つづきます。


では・・・次は球根つながりで・・


mytp1121.jpg
黄色と白のバイカラーで小ぶりの水仙です。
名前は・・・あとでアップしておきます。


mytp1122.jpg
前回、玄関先のビオラ&パンジーをアップしたときは
まだチューリップが咲いてなかったので・・・


mytp1123.jpg
こちらも、前回はアップしてなかった
玄関先の駐車場スペース、西側です。


mytp1124.jpg
こちらも同じ西側。
向こうに見える黄色い八重のチューリップが「イエローポンポネット」
背丈がすっごく高いのがわかります。


mytp1125.jpg
これも同じ西側ですが
「オーシャンブルー」と混植したチューリップ「ハウステンボス」がまだ咲いてない状態。


ということで、今年はマイ・ガーデンだけでなく
「なばなの里」を訪れたことによってチューリップの多彩な魅力を発見。
来年はチューリップを主にした混植もいろいろチャレンジしてみようと思います。










posted by み〜 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

合唱団MIWO音楽堂演奏会La Voce12

直前になってしまいましたが、アップしておきます。

合唱団MIWO音楽堂演奏会 La Voce12

  日時:平成23年5月1日(日)14時開演
  場所:大垣市スイトピアセンター音楽堂
  指揮者:大谷研二、岩本達明 ピアノ:山部陽子
  ゲスト:上田真樹
  入場無料(ただし入場整理券が必要)4月29日現在予定数配布終了


第1ステージ ルネサンスの音楽(アンサンブル)

 「O quam gloriosum est regnum」(J. Vaet)混声
 「Si j’ay perdu mon amy」(J. des Prez)男声
 「Lascia Filli mia cara」(J. P. Sweelinck)女声
 「O quam gloriosum est regnum」(T. L. de Victoria)混声

第2ステージ 現代の合唱音楽

 「証(あかし)・混声版」 阪井 一生・山村 隆太(flumpool) 編曲:加藤 昌則
 「やわらかいいのち」 詩:谷川 俊太郎 曲:松本望
 「Leonardo dreams of his flying machine」 曲:Eric Whitacre

第3ステージ 上田真樹の作品から

 (作曲家:上田真樹と指揮者・大谷研二のトークあり)

 混声合唱のための組曲 「夢の意味」 詩:林望 曲:上田真樹
 「僕が守る・混声版」 詩:銀色夏生 曲:上田真樹


詳細は合唱団MIWO公式サイトで。
30日は前日リハです。上田真樹さんもいらっしゃいます。楽しみ。

posted by み〜 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

「なばなの里」のチューリップ(3)

・・・続きです。これで最後。

今頃ですが、チュリーップの系統について説明してあるので
良かったら Wikipediaの「チューリップ」をご覧ください。



tp1135.jpg
こちらは「八重咲き系」のミックス。
八重咲きは「アンジェリーケ」で人気が沸騰したんですよね。


tp1136.jpg
こちらも「八重咲き系」。
中にそうでない子もいるかも。


tp1137.jpg
こちらは「パーロット系」のミックス。
花弁がうねっていて、鳥(オウム)の羽のよう。
品種としては相当古くから(16世紀にも存在した?)あるようです。


tp1138.jpg
こちらの花弁のほうがウネがわかりやすいですね。


tp1139.jpg
こちらには黄色の「八重咲き系」が。
我が家でも咲いてる「ポンポネット」に似てます。


tp1140.jpg
こちらは「ユリ咲き系」のミックスが主ですね。
赤に黄色の縁取りは「アラジン」かな?


tp1143.jpg
こちらも「ユリ咲き系」と他のミックスですね。


tp1144.jpg
赤のチューリップに黄のビオラがチラっと。


tp1145.jpg
背丈の違いと色の深さの違いをうまく合わせてますね。


tp1146.jpg
こちらは「ヴィリディフローラ系」といって
花弁の真ん中にグリーンの筋があるのが特徴。


tp1147.jpg
こちらも「ヴィリディフローラ系」のミックス。
我が家も1種だけ「アーティスト」を植えてますがまだ咲いてません。


tp1148.jpg
ピンクはやっぱりカワイイ!
来年はチューリップが主でビオラが従の鉢を作ろうかな。


tp1149.jpg
これもキュートな色ですね。


tp1150.jpg
矮性のピンクとの組み合わせもナイス!


tp1151.jpg
ハイ、お約束(苦笑)の桜とチューリップです。
女性に人気で、この桜とチュリーップの前で記念写真を撮ってる人が多かったです。
連れ合いも若い女性に撮影を頼まれてました(苦笑)。


さて、最後は「なばなの里」の人気者?
(たぶんチューリップじゃないでしょうね。
   私はこういう趣向を好みませんが...www)


tp1152.jpg
キリンさんと


tp1153.jpg
パンダさんと


tp1154.jpg
ゾウさんです。


以上です。
夕方から雨が降るということで、午前中に撮影しました。
広い園内に色とりどり、種々のチューリップが沢山。
私の両親、ダンナの両親にも見せてあげたかったなあ。

それと、おそらく写真に写らないようにと背をかがめて
整備の人が雑草を抜いたりしてらしたのが印象的でした。
咲き終わった子達を抜いてトラックの荷台に積んでる作業者も。
トラックの荷台から落ちてた2本に立派な球根が・・・欲しかったなぁ。

それにしても、これだけの花を見事に咲かせるために、
どれだけ人手がかかっていることか。
ご苦労さま アンド ありがとう!!
私も来年はチューリップの魅力的な配色にチャレンジしよっと。


posted by み〜 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。